東京でゴミを適切に処分する方法|生ゴミの問題が発生しない物件

東京のゴミ問題として、決められた有料のゴミ袋を購入しないといけない地域があることや、絶対にやってはいけないのですが、地方のように安易にゴミをその辺で捨てれるような場所が無いことはすでに前回でご説明した通りです。

地方だと結構適当にゴミの投棄をしたり、生ゴミでしたらそのままどこかに埋めたり、川とか海に捨てたりしている人もそれなりにいますけど、東京ではそういった違法なゴミの投棄は大変厳しいと思ってください。

下水の水すら、川とか海に垂れ流している地域も田舎に行けば、今でも沢山ありますからね。

スポンサードリンク




そのようなゴミ問題の中でも、特に生ゴミというのは匂いもきついですし、いくら袋を何重にして被せてもその匂いが出てきますし、必ず室内に保管しないといけませんから、ワンルームなどの物件では必ず悩みのタネになる問題です。

同じゴミでも、燃えないゴミでしたら確かに邪魔にはなるのですけど、特に腐ったり匂ったりはしませんので、どこかにまとめて保管しておくこともできるのですけど、生ゴミの場合は流石にそうはいきません。

かといって、生ゴミの収集は多くて週二日程度であり、決められた早朝の時間帯以外の場合は、決められたゴミ捨て場であっても、そこに捨てることは出来ませんから、結局室内で嫌な生ゴミを保管しないといけないんですね。

その時間帯に捨てることがで来ない場合は、ずっと自宅内に保管しないといけません。

スポンサードリンク




地方のマンションにお住いの方であれば、共同のごみ捨て場で、生ゴミを違法に投棄する人がいたり、まき散らかしたり、早めに出すものですからカラスや野良猫にごみ捨て場を荒らされて大変不快になったことのある方も多いのではないでしょうか?

 

そんな問題を速やかに解決してくるマンションが東京には沢山ありますので、せっかく地方から東京に引っ越すのであれば、そういった物件をあえて選んだほうが、生ゴミといった最も頭を抱えてしまう問題から解放されることになります。

まさに、東京ならではの生ゴミ処理マジックと言えるこのマンションの秘密は、生ゴミが出ないことにあります。

地方にも最近の物件であれば、そのような生ゴミが発生しないマンションが有るかもしれませんが、比較的新しくてコストをかけたマンションでないと、そのような設備はついてませんから、あまり期待はできないかと思います。

何故?生ゴミが全く発生しなくなるかといえば、いくら部屋の中で生ゴミが発生しても、その生ゴミ自体をゴミとして意識的に処分する必要がなくなるからです。

例えば、骨つきカルビとか、魚の骨などであってもゴミとして処分する必要もありませんが、豚の丸焼きの後始末のように、巨大な骨格がある場合は、流石にゴミとして人が処分する必要が出てくるかと思います。

特に主婦の方とか、女性の方とか、料理が大好きな方であれば、生ゴミが出ない物件は最もお勧めできる物件ですね。

そのような素敵なマンションについては、次回に続きます。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2015年4月8日 — 3:32 PM