NHKの受信料を払ってしまうのは地方出身の人が多い?

大学受験に合格をしたり、学校を卒業して東京の企業で働く場合、当然地元から新幹線や飛行機で通勤をする人は殆どいないでしょうから、大抵の場合において、東京に引っ越してそこで心機一転な生活を始める事になります。

稀に、地方から新幹線通勤をしたり、航空機で東京に通勤をしている人もいますが、そういった人は会社の経営者であったり、相当仕事ができる人、特殊な仕事をしている人などであり、新卒や学生でそのようなリッチな通勤をする人は殆どいません。

ですから、東京に引っ越して一人暮らしを始める方が圧倒的に多くなる訳なのですが、その際に一番最初にトラブルに巻き込まれたり、大変不快な思いをするケースが、ご存知、NHKの集金トラブルになる人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク




 

NHKの集金人は、引越しが行われると誰よりも早く自宅にやってきます。

 

迷惑このうえない話になるのですけど、NHKの集金人というのは、引越しが完了した際に、他のどの人よりも真っ先に自宅にやってくることが圧倒的に多くて、東京で始めてドアを開けた先には、NHKがいた・・・こんな感じのパターンも多いのです。

学生さんや社会人経験のない新卒の方などは、こう言った強引な勧誘に免疫が殆どない為、言われるままに玄関先で長時間対応をしてしまう事になる人も多くて、その際に言われるままに契約書を交わしてしまう人がかなり多いのが現状です。

 

地方から上京した若い人は免疫がなくていいなりになる人が多いのです。

スポンサードリンク




 

特に、地方で育っている人というのは、NHKのいいなりになる人が多く、後々で、高額な受信料の請求書が発行される事になり、必要のないお金を支払う事になる訳ですが、契約をした後に、契約解除をするのは大変面倒であると理解しておくとよいですね。

ですから、NHKの受信料を支払いたくないのであれば、NHKの集金人のホラ話に騙されてしまって、ついついサインをしないようにするのは当然ですが、それ以前に知らない人がやってきても一切対応しないことが重要になります。

契約というのは、一度交わしてしまうと簡単には解除できない内容になっているものが大変ですし、これはNHKに限ったことではありませんので、契約をしないといけない状況になった際には、契約書の中身を必ず確認しないといけません。

NHKの集金人がやってきた場合、最近は携帯電話とかパソコンを所有していてもNHKの受信料を支払わないといけないと言った意味不明な説明をしていることが多いらしいですから、なおさら注意が必要です。

基本的には、現在の法律で言えば、テレビを自宅内に設置した時点でNHKへの受信料を支払う義務が発生するという意味不明な状態になっているので、その状態でしたらしはらうひつようがあることはあるのですが・・・。

そもそもの話なのですけど、テレビがどうこうでもなく、NHKの集金人がどうこうでもなく、自宅にやってきた見ず知らずの他人を真剣に相手にする必要はありません。

次回に続きます。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年8月30日 — 9:39 AM