Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

初心者の運転にお勧めなのは土日祝日の首都高速道路

東京で生活をしている人の殆どが普段は電車を利用して通勤をしてる訳ですから、運転免許は取得していても、車の運転を殆どしたことがないペーパードライバーが多くて、更にはそのようなペーパードライバーがゴールド免許を持っている状態です。

見た目上の免許証はゴールド免許であっても、殆ど運転をしたことがない為、正直言って公道での運転が怪しい人が沢山いるんですけど、東京やその周辺は道路が広くて運転がしやすいため、出先での駐車場以外では初心者でも運転に困ることはありません。

それでも、初心者の人は運転になれていないので、どこかで運転の練習をしたほうがよく、ある程度ベテランの人を隣に乗せてアドバイスを受けながら暫くの期間は車の基本的な運転と車両感覚に慣れておいほうが良いので、運転の感覚を掴む必要があります。

スポンサードリンク




 

 

初心者の運転にお勧めなのは土日祝日の首都高速道路。

 

交通事故が多発していて、毎日大渋滞が発生しているイメージのある首都高速道路ですが、実際には土日祝日の午前中の時間帯でしたら、その殆どがガラガラになっていますので、渋滞とは無縁で運転をすることが出来ますし、環状線を使えば周回も出来ます。

更には、環状線や湾岸線を周りながら、最終的には自宅の付近まで戻ることが可能ですし、若干費用はかかりますけど、横浜ベイブリッジのパーキングまで真っすぐの湾岸道路を使って初心者の人でも簡単に運転をして移動することが出来ます。

横浜ベイブリッジのパーキングでの駐車場まで移動をして車を停めるのは初心者の人には若干厳しい物があるのかもしれませんが、土日祝日の午前中なら殆ど人はいませんので、特に問題もなく運転ができる状態なので、練習コースとしてはお薦めですね。

スポンサードリンク




以前は、横浜ベイブリッジのパーキングにマクドナルドがあり、そこでよく打ち合わせをしたりしていたんですけど、結構前にマクドナルドが閉店をしてしまい、最近はこのパーキングにいくこともなくなったので、どうなっているのかは分かりません。

 

 

首都高速道路には信号がないので初心者の運転もスムーズ。

 

首都高速道路の特徴としては、信号や一時停止の場所が事実上ありませんので、(一部ではあるんですけど、そのルートは普通は使わないので大丈夫)、初心者の方が車の運転の感覚に慣れる為の練習運転には丁度良い感じで長距離を運転できます。

大渋滞が発生する平日の昼から夜にかけての時間帯でしたら、初心者の人は止めておいたほうが無難なんでしょうけど、土日祝日の午前中であればほぼ確実にガラガラ状態ですから、気持ちよく都心の風景を見ながら車の運転をすることが出来ます。

ただ、最近では首都高速道路の利用料金が大幅に値上がりしてしまったので、以前ほどのお得感がなくなってしまっているのがとても残念としかいえませんし、以前は都内の首都高速道路はどれだけの距離を運転しても1回700円の料金だったのです。

 

 

首都高速道路の値上げが2倍前後の1300円になっていて悲しい。

 

現在は、普通に首都高速道路を使うと1回1300円になってしまっていて、以前に2倍前後の費用が必要になる相当割高な有料道路に成り下がってしまい、将来的に更に値上げがされる懸念もあるのが残念なのですが、これは練習費用と思うしかありません。

注意点としては、運転に慣れている人を必ず隣に乗せて首都高速道路で運転の練習をすることであり、一人では絶対に行かないほうが良くて、慣れていないと標識や分岐等も分からずに何処を走っているのか全く分からくなって事故を起こす恐れがあります。

運転に慣れている人に相談をして、レクチャーを受けながら、土日祝日の午前中の時間の天気が良い時に首都高速道路で運転の練習をすると効果的であるといえます。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月31日 — 1:57 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme