Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で家賃2万円よりも家賃5万円のアパートを選んだ方が良い理由

東京に引っ越す際に家賃35万円以下の物件であればUR賃貸を最初に探したほうが良いのですが、更に家賃的な予算が厳しい場合はUR賃貸では家賃が高すぎて引越し先が見つからない場合がありますので、その場合はもっと安い物件が必要になります。

基本的に家賃は掛け捨てのお金になりますので、できるだけ立地条件が良い物件で、できるだけ安い物件が良いわけなのですが、市場的な相場というものがあり、特に東京などの都心部では家賃が安くて良い物件というのは滅多に空きが出ることがありません。

東京でも家賃が毎月2万円位の物件はあるのですが、空き部屋が滅多に出ない事もあり、その物件のことを知っても引っ越し自体ができない状態になっていますので、事実上、東京都内で家賃が2万円の物件を探して引っ越すのは大変難しくなっています。

スポンサードリンク




 

 

東京や東京近辺で家賃2万円アパートを探すには郊外から。

 

東京やその近辺で家賃2万円のアパートを探す方法としては、なるべく郊外のアパートを探す方法が一番理想であり東京23区内にも家賃2万円前後のアパートはあるんですけど、いつ調べても本当に空きが出ない物件ですから、事実上引っ越しは出来ません。

ただ、東京の郊外や近隣の神奈川県や埼玉県まで範囲を広げれば、家賃2万円前後のアパートが常に確認できますので、通勤や通学に差し支えがないのであれば、最初から郊外にあるアパートを探しておいたほうが、家賃が安い物件を探すことが出来ます。

通勤や通学を考えて一番良い物件を選ぶことになるんですけど、あまりに郊外に物件を借りてしまうと、移動だけでも大変ですし、移動をするにしても交通費が発生しますので、その交通費が高すぎるのであればいくら家賃が安くても意味がありませんからね。

スポンサードリンク




 

 

神奈川県座間市などでは家賃2万円のアパートがありますが・・・。

 

神奈川県の座間市などでは家賃1万5000円から20000円前後のアパートが常時空きになっていることが多くて、探せば即日入居することが可能な物件もあります、しかし、東京都内の大学に通学するとか会社に通勤する場合はこの物件は大変不便です。

何しろ移動するにしても電車で片道1時間前後はかかりますし、交通費も発生しますので、その地元の大学や会社に通勤通学する人なら良いのですが、東京都内に通勤通学する人が、家賃だけを見てしまってこれらの物件を選ぶと後々公開することになります。

実際に都内の大学で川崎のアパートを紹介されてそこに住んだ学生さんがいるのですが、当初は土地勘が全く無いので特に困った様子もなかったんですけど土地勘に慣れてくるにつれて川崎に住むのが如何に不便であるかを知ることになり後悔していました。

 

 

都内には家賃5万円位なら優良物件のアパートが沢山あります。

 

東京23区内では家賃2万円になるとそのアパートの空きが出ることは殆どないのですが、家賃が5万円位になると物件によりポツリポツリと部屋に空きが出ることがありますので、それらの物件を選ぶと品川駅に徒歩圏内で家賃5万円の物件に住めます。

東京都内で生活をする場合、駅に凄く近い物件ではないですが、品川駅のような主要な駅まで歩いていける、自転車で移動できる様な物件を選んでおくと、後々何かと便利になりますので、どうしても家賃2万円の物件が必要な人以外は5万円の物件ですね。

東京都内で家賃が5万円位の物件については、ネットで探しても掲載されていない事が多いので、自分の足で地元を回って探さないといけない手間暇はあるのですけど、その価値は十分にありますので、希望の物件が見つかるまで探してみましょう。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2017年7月21日 — 10:49 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme