一般車両向けの機械式駐車場|車幅181cmでも大丈夫?

東京には沢山のタワーマンションがありますが、その多くの駐車場が機械式駐車場になっていて、平置き型の室内保管タイプの地下に設置されているような利便性が良い駐車場は相当な高額物件位にしか設定されていない事が殆どです。

すべての駐車場が地下に設置された平置き型のマンションになると、ラトゥール系の低層タイプの家賃が100万円を超えるような一般向けではない高額物件になります。

 

平置き型と機械式を併用しているタワーマンションも増えてきています。

スポンサードリンク




 

土地のスペースの都合上、部屋の数だけ平置き型の駐車場を用意するのは困難ですから、機械式駐車場を多く用意しておき、金額を高額に設定した平置き型の駐車場も合わせて併用している物件が殆どでしょうか?

その理由は簡単で、機械式駐車場だけの場合、保管できる車のサイズや大きさ、重さに必ず制限が出てきてしまい、例えばランドクルーザー200などを所有していたり、ランボルギーニレビントンなどを所有している人が保管が出来なくなるからです。

そのような状態ですから、よほどのお金に余裕があるとか、税金対策で意図的に高額な物件を選んでいる人以外は、都内の物件を契約する際に大抵の人が機械式駐車場を選ばないといけなくなる事が大半だと思います。

 

一般向けの車両の機械式駐車場に車幅181cmの車は保管できる?

 

こちらの機械式駐車場なんですけど、最も多く用意されているのは日本の国産車の一般的なサイズである車幅180cm以下の車を保管する為のパレットであり、それとは別にBMWやベンツなどの会社を保管する車幅190cm以下のパレットに分かれています。

スポンサードリンク




パレットというのは、機械式駐車場に車を保管する際に車を載せる鉄のいたのようなパーツのことであり、そのパレットに車を止めて駐車場の操作盤を操作すると、指定の場所まで自動的に運ばれる仕組みになっています。

ここである疑問なのですが、車幅180cm以下の車を保管できるパレットの機械式駐車場に車を保管した場合、ホンダのNSXのような車幅181cmの車を保管する事ができるのか?と言った話なのですがどうなのでしょうか?

 

物理的な保管は可能でも契約上は違法になるのでやめておきましょう。

 

実際に、車幅180cm以下の機械式駐車場にNSXを入れてみたのですが、普通にパレットの上に停車させる事ができましたし、通常通りに警告も出ることなく操作盤も操作できたのですが、これはさすがに1cm前後の車幅オーバーは妥協の範囲になっているからだと思われます。

パレットの構造自体が車幅180cmぴったりの余裕なしで作られていると、そこで車をぶつけたりホイールを削ってしまうトラブルも出るかもしれませんので、若干余裕を持たせて作られているのは想像できますね。

ただし、これは契約上は違法になりますので、何かトラブルがあった際には裁判になっても勝ち目がないだけではなくて、損害賠償請求の対象になる恐れもありますので、NSXなどの車幅181cmの車は、最初から車幅190cm以下のパレットで契約をしたほうがよいでしょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年11月29日 — 2:47 AM