東京の道路でなかなか左折が出来ない|対策方法

地方の方が東京の道路を初めて運転する際には、カーナビを装着している車であってもそれはどのレーンを走行すれば良いのか、どこを曲がれば良いのか等、大変わかりにくい場所が多い為、結構交通事故を起こしている地方ナンバーも見られます。

そんな中で、ちょっと変わった相談を受けることもあり、その内容と言えば、東京の道路を運転する際にあ、なかなか左折をすることが出来ないのですが、何か良い方法はないでしょうか?と言った話になります。

 

なぜ?、なかなか左折ができないのか?

スポンサードリンク




 

普通に考えれば、東京の広い道路を運転する場合、左折よりも右折の方が難しいような気もしますけど、人によってはなぜか左折が難しいと感じる人もいる訳なので、この辺りは個人差とか慣れの問題だとは思います。

その為、なぜ?左折ができないの?と問いただしても、この類の困っている人はうまく回答することが出来ない人が多いので、なぜ?、と言った問題よりも、どうしたら左折を上手くすることが出来るのかの方が重要になります。

 

原付や自転車などの巻き込み事故を恐れている?

 

左折を苦手としている人の場合、過去に自転車や原付を巻き込んでしまって事故を起こしてた経験を持つ人もいて、それ以降左折が苦手になっている状況の中、東京の道路はやたら自転車が多いので、それで苦手意識が出てしまっているのかもしれません。

スポンサードリンク




また、競技用の自転車で道路を並列走行している不届きな輩も少なからず都内では見られますから、それで余計に左側が不安になってしまうのかもしれませんが、常にその状態になる訳でもありませんから、基本的にスルーで大丈夫です。

 

左折をする際にはブレーキ確実に踏み後方から前方を目視しましょう。

 

通常、車両感覚のない人の場合、国産車を運転している場合は、左側は特に不安要素が出てくることが多いので、余計に強くなってしまうのかもしれませんが、左側のミラーがぶつからないのであれば、車がぶつかることはありません。

また、左側にハンドルを切った際には、一旦完全にブレーキを踏み、停止状態になりつつ、前方から後方にわたって目視を行い、安全性が確保できいるのであれば、ブレーキを放して少しずつ進めば事故になることもありません。

早い話が、左側に曲がる際には大抵は横断歩道があるでしょうし、人が歩いているでしょうから、完全にブレーキを踏むか、徐行運転くら今で速度を落としておけば、前方から後方を目視するだけで、確実に安全に曲がれることになります。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年12月13日 — 1:59 AM