案外便利な駅直結マンションは品川シーサイド

東京に引越しをする場合、駅直結でも色々な場所と地域がありますし、人によって良い場所とよくない場所もありますから、誰にでも100%良い駅直結物件というのは断言が出来ないのですが、意外にお勧めできる場所に品川シーサイドがあります。

 

予算に余裕があればお勧めの駅直結物件は東京ミッドタウンになります。

 

予算に余裕がある人であれば、駅直結といえば、六本木の東京ミッドタウンが六本木駅改札の前の前にエントランスもありますし、建物自体も新しくしっかりと作られているので間違いはないのでしょうけど、いかんせん庶民向けの物件ではありません。

スポンサードリンク




東京ミッドタウンのレジデンス物件は、全てが高級賃貸扱いになりますし、家賃は最低でもスタジオ(ワンルーム)で60万円以上を毎月支払えて、管理会社側の審査にパスするくらいの経済力と過去2年間の納税実績がないと契約自体が難しい物件です。

実際に契約は出来なくても内覧だけでしたら無料ですので、興味があれば一度内乱の予約をして建物や部屋を見てみると良いかと思いますが、多分、この物件なら住んでみたいと思う人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

富裕層は駅を使わないのに駅直結物件は高額物件が多い?

 

東京の富裕層と呼ばれている人たちは、基本的には車での移動をされている方が多いですし、閑静な住宅地を好んでいることが多いため、駅直結物件は電車を頻繁に利用する庶民向けであって欲しいのですけど、なかなかそうはいかない現実があります。

東京で駅直結物件といえば、駅までの移動時間で家賃の相場が決まってしまう東京の状況を考えれば、これ以上ない位の優良物件になってしまいますから、必然的に駅から遠い物件よりも高額になってしまうのは致し方がないところになります。

もう少し安くなってくれると、電車を利用する人からすれば大変助かるのですけどね。

スポンサードリンク




 

意外に便利な駅直結物件が品川シーサイドになります。

 

元々は自動車教習所や倉庫くらいしかなかった場所にりんかい線の駅ができて、その周辺が再開発された場所に品川シーサイドという駅があり、品川駅と間違えられることが多いのですけど、実際には品川駅よりも利便性は大幅に劣る駅になります。

この品川シーサイドなんですけど、駅直結のマンションが数棟建設されていて、それも品川シーサイドの再開発に含まれているため、品川シーサイド駅を大変スムーズに利用できるよういなっていますし、イオンを含むモール街もあるので案外便利です。

雨が降っても傘もささずにイオンまで歩いて買い物に行ける物件は、日本広しとも言えど、ここしかないのではないかと思えるくらいなのですけど、駅にもそのまま傘なしで行けるのは本当に便利です。

 

品川シーサイド駅は使いにくいと言われていますが、実は便利?

 

駅直結物件の中でも、品川シーサイド駅に関して言えば、あまり利便性がよくないことや、運賃が都内でもかなりの高額な金額に設定されているため、敬遠されがちなのですが、池袋新宿方面でしたら大変スムーズですし、移動も高速です。

また、りんかい線はその不便と運賃の高さから、付近で大型のイベントが行われる日以外は、いつもガラガラになりますので、足として利用する場合は埼玉県などに住んでいる人から見れば天国とも呼べるくらい使い勝手はよくなります。

何より、品川シーサイドの場合は施設内に大型のイオンがありますし、郵便局なども中にありますので、生活をする分には大変便利な駅直結物件なのですけど、家賃は1lDKで20万円前後となっていますので、それだけがネックと言えるでしょうか?


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年12月12日 — 6:24 AM