東京への引っ越し|業者の梱包用ダンボールはどう処分?

地方から東京に引っ越しをした場合、例外なく専門職の引越し業者を使うことになるでしょうから、地方の同じ街の中で引っ越しをするのとは異なり、自分たちでトラックなどを借りて荷物を運ぶような人はまずいませんし、余計にコストが高くなります。

その為、引越のサカイやアリさんマーク等の引越し業者に見積もりを取るとか、引っ越しの一括見積を取るなどをしてから、なるべく引越し料金を安くしながら単身の人でしたらおまとめ便で東京に荷物を運ぶと料金はかなりお得意なります。

私の場合も、一人で単身の引っ越しでしたので、引越のサカイに見積もりを取り、なるべく安くするようにおまとめ便で他の人の荷物と一緒に引越し作業を行いましたので、自分の都合良い日は選べませんでしたが、特に問題なく引っ越しができました。

スポンサードリンク




 

 

引越のサカイから提供された梱包用ダンボールはどう処分する?

 

引越のサカイに依頼をした際に、梱包用のパンダのイラストが書かれているダンボールを沢山渡されまして、そのダンボールを使って荷物の梱包を行って引越し先に運ばれたわけですが、引っ越しが終わったあとは沢山のダンボールが手元に残ります。

引っ越しが終わったあとはこのダンボールは必要がなくなりますので、引越のサカイに連絡をすれば後で引き取りに来てくれるんですけど、何だか捨てるのも勿体無いので、一度折りたたんでしまえばスリムになるため、そのまま保管することにしました。

また、一分の荷物はダンボールに入れたまま保管しておくことにしましたので、簡易的な荷物整理を行う棚が出来たような感じになりますし、想像以上に今ダンボールは頑丈ですから、10年以上経過したいまでも倉庫用の整理用として使っています。

スポンサードリンク




引越のサカイに引き取ってもらってもいいし、そのまま自分で使っても良いし、何なら自分で処分してもよいのですが、まとめて処分する場合は量が多すぎますので、ゴミ出しで処分するよりも、引越のサカイに引き取ってもらったほうが良い感じですね。

 

 

ダンボールも購入すると高いので今後の荷物整理で使うと便利。

 

引っ越しの際に大量に無料で入手できるダンボールに関して言えば、本来は購入するとかなり高いものですので、引っ越しのサカイのパンダのイラストが描かれているとしても、それを余り気にしないのであれば、十分すぎるくらい利用価値があります。

私の場合は捨てるのが勿体無いので、破損をしたダンボール以外は今でも殆どを保存していて、一度使ったダンボールを折りたたむと強度が弱くなってしまうんですけど、そんなことは気にせずに今でも倉庫の荷物管理に使っているくらいです。

たかがダンボールですから、いらない人はまとめて引っ越しが終わった後に、引越のサカイに連絡をすれば無料で全て引き取りに来てくれますしので、別にダンボールのゴミの日を待って捨てる必要もありませんので、そちらを利用すれば良いだけです。

ダンボールを古紙回収業者に販売しても、トイレットペーパー1個分くらいにしかならないですし、手間隙がかかるだけで殆どメリットもないので、それをするくらいならいっそうのこと引越のサカイに引き取りに来てもらって処分をした方が無難です。

個人的には、再利用をして荷物整理に使うのがお勧めです。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年5月3日 — 2:43 AM