東京に引っ越しをする際にはヤマト運輸を活用したら快適

地方から東京に引っ越しをする場合、大きな荷物を梱包しながらアリさんとかアート引越しセンター等の大手引越し業者に依頼をして、色々な荷物を地方からお金をかけて移動する人が多いのですが、東京に引っ越しをする場合はヤマト運輸が大変便利です。

ヤマト運輸が便利というか、なるべく身軽にしてヤマト運輸だけで引っ越しをしたほうが便利という意味であり、これは地方から東京に引っ越しをする際には余計なものはなるべく持っていかないこと、東京の住宅事情は想像以上に狭いことがその理由です。

実際に最近では、東京都内の大学に入学をすることになった学生さんでも多くの荷物を持って引っ越しをするのではなくて、携帯電話とか身の回りの荷物だけを持ち身軽になって東京に引っ越しをして、後の日常品などはヤマト運輸で配達をしている感じです。

スポンサードリンク




 

 

東京に引っ越しをする際にはヤマト運輸を活用したら快適。

 

ヤマト運輸では宅急便だけではなくて引越便などの大型の荷物の配達なども行っているので、大抵の荷物を郵送することが出来るんですけど、引っ越しの際にはヤマト運輸だけを使って、とにかく身軽にして地方から東京に引っ越した方が絶対に良いです。

引っ越しのときに、何でもかんでも引越し先に持っていくタイプの人も多いのですが、実際には現地でほとんどを買い直したほうがコストも安くついて、新しい家具などに変更できることが多いので、引っ越しにかかる相当な労力削減はぜひ検討が良いですね。

基本的に引っ越しになったら、必要最低限度のもの以外は捨てるってのが一番良くて、駄目なのが全ての家財道具を持った状態で引っ越しをするって判断になりますので、何でもかんでも大事にするのではなくて、必要なときにバッサリと損切りをしましょう。

スポンサードリンク




 

 

東京への引っ越しは本人がカバンを持って移動するだけが楽です。

 

友人が地方の高校から東京の大学に入学をすることになり、1000キロ位以上離れた地方から上京をしてくることになったんですけど、その際には必要最低限度の荷物以外はすべて処分するようにお勧めしていたので、とてもスムーズな引っ越しができました。

なにしろ、引越し業者に見積もりを取り、荷物を沢山ダンボールに梱包して、引越し先で大量荷物を運び込むって工程がまったくなくて、本人だけが最低限度の荷物を持って移動をして、あとで必要な荷物はヤマト運輸で個別に送る方法ですから本当に楽です。

家具などは基本的に現地で購入するって方法で、地方からは着替えとか身の回りの道具とか、最低限度の荷物をダンボールに2個位に梱包しておき、後は日時指定で地元のヤマト運輸営業所に持っていき、現地の引っ越し先でそれが届くのを待つだけです。

 

 

引越しの見積に時間を使うよりもヤマト運輸で快適な移動です。

 

引っ越しの見積もりに時間を使って、最近流行りの引っ越し一括見積もりを利用しても悪いわけではありませんし、ヤマト運輸で運ぶことが出来ない大きな荷物がある場合は、大手のアリさんとかアート引越しセンターに依頼をするしか手段がありません。

しかし、家族世帯が地方から東京に引っ越しをする場合は、それなりの荷物が必要になるので引越し業者に依頼をするしかなくなるんですけど、単身で引っ越しをする場合は殆どの人が引っ越し御者に依頼をするよりも本人だけが移動をしたほうが良いです。

いらない荷物や使わない荷物は処分するってのは、物を大切にする傾向が強い日本人には抵抗がある人が多いのですが、実際には東京は江戸間なので部屋も狭くて、家具なども容易に購入できますので、一旦荷物をすべて処分して引っ越すのを検討しましょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年2月22日 — 4:33 PM