Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京の花粉症は想像以上に酷いので上京予定なら病院で相談

これから進学や就職、転職などで東京に引っ越しをする人に是非知っておいてほしいのが、東京は花粉症のアレルギーを持っている人には結構厳しい環境であることが多くて、友人で花粉症アレルギーの女性も毎回病院で注射をして対策をしていました。

人によっては花粉症等全く関係ない人もいますけど、東京では3月くらいの花粉が飛翔する時期になると、マスクを付けてゴホゴホしている人も多くて、なんでマスクをしているんだろう?って疑問に思う人も多いのですが、大抵は花粉症の対策の一つです。

花粉症については大量に植林されている杉の木をなんとかしないともうどうにもならない状況ですし、今更花粉症の対策をする予算も余裕も日本政府にはないでしょうから、花粉症の対策をするためには、自分でなんとかしないと駄目だって話になりますね。

スポンサードリンク




 

 

東京の花粉症は想像以上に酷いので上京予定なら病院で相談。

 

東京は広い平地なのが原因かもしれませんが、想像以上に花粉症の症状に悩まされる人が多くて、眼に見えないけど多くの花粉が飛翔しているんだろうな?って感じなんですけど、本当に花粉症のアレルギー持ちの人は何処にっても症状に悩まされるようです。

ですから、花粉症のアレルギー持ちのおそれがある人の場合、なるべく早い段階で信頼できそうな病院に行けば血液検査でアレルギー症状の詳細が確実にわかりますので、その結果を見て意思の診察を受けて適切な注射や薬などで対策をしてくのがお勧めです。

現在では血液検査で各種アレルギーの詳細が数値でわかるようになっていて、ダストアレルギーとか猫アレルギーとか、花粉とか、どのようなアレルギー症状がでるのか?、その際の適切な対処方法な何をすればよいのか?、こちらも確実に分かります。

スポンサードリンク




 

 

東京の花粉症の原因は奥多摩とか山梨県の杉の木なの?

 

東京って実際に都内を歩いてみるとわかりますけど、花粉症の原因なる杉の木はほとんどありませんと言うよりも、山そのものがありませんので、一体どこから大量の花粉が飛翔してくるんだろうって思うかもしれませんが、多分、奥多摩のような気がします。

実は奥多摩も東京都に含まれていてこれが凄い巨大な森林を含んでいるので、奥多摩の杉の木とかその近辺の山梨県の杉の木の花粉が一斉に風に乗って飛翔してきて、それによって平地の都内23区内に花粉が流し込まれるような形になっているって予想です。

都内には山と呼べる山が全くありませんから、地方で山に囲まれて生活をしている人が、東京に引っ越せば花粉が飛んでくる要因がないので地方よりも安心だと思っていると、実は地方よりも東京のほうが花粉症の度合いが酷かったとなることが多いです。

 

 

東京での花粉症の疑いが出た場合はすぐに病院で検査がお薦めです。

 

地方に住んでいる時は3月4月に鼻がムズムズしたり、咳き込んだり、涙が止まらなかったりなどの症状になることは殆どなかったのに、何故か東京に引っ越しをした時くらいからそのような症状に悩まされる状態になった場合は大抵が花粉症が原因です。

まさか地方から東京に引っ越しをしただけで、花粉症の症状が出るとか、これまでそのような症状は一切なかったのに何かがおかしい・・・って人も、花粉症の症状が突然出ることがあるのですが、それは東京全体に結構な花粉が飛翔しているからになります。

ちょっとでもおかしいと感じたら、素人判断は行わずに専門家である医師に相談をしてから診察を受けて置くのが一番良い対処方法であり、血液検査をしないと花粉症なのかダストアレルギーなのかの判断もできませんから、間違った対策をしてしまいます。

なんか花粉症のような症状が出るな?と思っていたら、実は引越し先のアパートによるダストアレルギーだった・・・って話にないわけではなく、その場合は病院の治療方法も異なりますので、薬局に行って花粉症の薬を購入しても意味がない場合があります。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年3月6日 — 2:04 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme