Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で賃貸マンションを探すなら最低でも礼金なしが基本

最近では以前よりも少なくなってきていますが、東京やその近辺では未だに、住宅を借りる際に大家に貸して頂いてありがとうございますって感謝の気持ちと心付けを表す礼金と言った意味不明の請求が当たり前のように行われている事も多く、理解不能です。

礼金というのは、今から相当前の高度成長期と言われている戦後の復興の際に、日本全国の地方から東京に向かって上京してきた若者が溢れかえり、その際に住宅が全然足りなくなってしまって、大家がウハウハで家を貸してやっている的な状態になりました。

ですから、何故か住宅を借りる側が私のようなものに住宅を貸していただきましてありがとうございますって意味合いで、礼金を支払って住宅を借りるって風習が東京やその近隣の都道府県に根付いてしまい、今の時代になっても堂々と礼金が請求されてます。

スポンサードリンク




 

 

東京で賃貸マンションを探すなら最低でも礼金なしが基本。

 

現在は、実は東京やその近辺の不動産は相当余っている状態になっており、高度成長期の頃のように地方から上京してしてきても、住宅がないって状態にはなることはなくて、しっかりと探せば礼金も仲介手数料もないUR賃貸などで優良物件を探せます。

なので、東京で賃貸物件を探す場合、礼金無しってのは最低限基本にしておいたほうが良くて、その次に更新料もなしって物件が良くて頭の良い人たちは家賃20万円以上の品川Vタワーの部屋でも会社負担で自分では殆ど支払わずに住んでいる状態なのです。

流石に頑張っても、今は家賃の殆どを会社が負担してくれる優良企業には転職が出来ないとか、学生の人であれば、礼金ありの物件に引っ越すくらいなら、もうちょっと東京の不動産を自分で調べてから、礼金なしの優良物件を探して引っ越すべきですね。

スポンサードリンク




 

 

礼金ありでも優良物件がありますが基本的には富裕層向けです。

 

都内には虎ノ門ヒルズレジデンス等の超高級物件も沢山ありますので、そういったプレミアがついているような物件の分譲賃貸マンションの場合、個人とか企業が分譲オーナーになっていることが殆ですから、今でも礼金が設定されていることがあります。

この類の超高級物件の場合は、自分のお金というよりも税金対策で経費で落として借りることが殆ですし、プレミア的に多くの人が借りたいと思っているくらい特殊な物件なので、礼金が設定されていても特に問題はないのですが、森ビルなどは礼金無しです。

しかし、一般向けの庶民的は賃貸物件の場合、今では部屋が余ってしまって大家が路頭に迷うくらいの物件も増えてきており、あえて礼金ありの物件を選ぶ理由がありませんので、品川区などの5万円くらいのお得な物件以外は礼金アリは避けるのが基本です。

 

 

品川区で家賃5万円等の優良物件では礼金更新料があることも多い。

 

基本的には東京では礼金も更新料も無しの物件を選ぶのが基本なのですが、品川区などで品川駅まで10分程度で移動できる、超優良格安マンションなどでは、家賃がかなり安いことから礼金や更新料が設定されていることも多いのでその場合は状況判断です。

問題なのは、優良物件でもないのに今でも当たり前のように礼金や更新料が設定されている物件であり、今ではネットで確認できることや部屋が余っているのが一般にも認知されてきたこと、更にはUR賃貸が破格の礼金と更新料無しで部屋を貸しています。

悪質な礼金や更新料が請求されることは以前よりも少なくはなってきているのですが、何しろ東京のことを全く知らないカモが毎年のように大量に上京してくるので、そういった無知な人を対象にして礼金は当然って吹き込んでくるので注意しましょう。

不動産を探す際に礼金の有無だけで判断をしていると、品川駅10分で家賃5万円といった学生さんには最適な賃貸マンションを見逃してしまう恐れもありますので、一番良いのは現地に行って何度も確認をして引越し先を探すことですから覚えておきましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年7月9日 — 5:08 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme