Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

台風や大雨の水害被害を避けるなら東京のタワーマンション

先日、広島や岡山、四国などの西日本全体で記録的な大雨が発生していて、土砂崩れや水没などの被害が多発しており、死者行方不明者が合計で200名を超えるという異常な状況になっているんですけど、東京都内にいればそんな話は正直しんじられません。

東京は基本的には大雨や洪水、台風などの自然災害に大変強い都市構造になっており、一部例外的に水害に弱い地域もありましたが、多額の税金を使って近いに巨大なプールを建造したり、ポンプや排水工事、堤防工事などの対策を行っていて水害は皆無です。

そのかわり、雪の被害にはめっぽう弱くて、1cm雪が積もっただけで交通インフラは麻痺してしまい、死者が出るくらいの状況なんですけど、今回のような極端な大雨の被害を避けるのであれば、実は東京は日本でも最も安全と言わる安心できる街になります。

スポンサードリンク




 

 

台風や大雨の水害被害を避けるなら東京のタワーマンション。

 

これまで日本では全国的に巨大な台風や大雨により、土砂崩れや洪水などで家が流されるとか、道路が陥没するとか、巨大な橋がなくなるとかの甚大な被害が出ており、そうなると必ず犠牲者になる人が出てくるんですけど、それらは全て地方の話になります。

東京は実は台風や大雨の災害にはとても強い街になっていて、特にタワーマンションに関して言えば、台風だろうと大雨だろうと、建物の中にいれば、先ず怪我をしたり死亡したり、土砂崩れに巻き込まれたり、津波に飲み込まれたりすることはありません。

ですから、今回のような西日本で発生した凄まじい洪水や土砂災害、水害などの映像を見たり、実際に被害に合われたりして生活をするのに不安を感じたら、東京に引っ越してタワーマンションを選んで生活をすれば、今後は水害や土砂崩れの不安は皆無です。

スポンサードリンク




 

 

タワーマンションは基本的に災害に大変強い構造になっています。

 

タワーマンションと聞けば、地震でエレベーターが停止したり、相当な揺れが発生して危険な建物って勘違いをしている人もいるんですけど、免震構造のタワーマンションの場合は横揺れの場合は殆ど揺れを感じないくらいですから、地震でも大丈夫です。

ただし、強い縦揺れの場合だけは免震構造でもどうしようもありませんが、個人レベルの住宅で免震構造の住宅はコストの問題から殆ど存在していませんので、日本全体で地震が発生した場合、免震構造のタワーマンションの中にいるのが一番安心できます。

また、タワーマンションは柱を岩盤まで何本も突き刺して基礎を作っていることから、これまた地震などでも強固な作りになっており、水害や強風などでもこれまでタワーマンションが破損したとか、被害を受けたなどは聞いたことがないくらいの安心感です。

 

 

地方で災害が発生した地域からは早めに引っ越したほうが良い?

 

今回に限った話ではないのですが、日本で大雨や台風の被害が発生しやすい地方の場合、一度水害が発生した土地柄というのは、また同じ様な災害が発生する可能性がありますから、それが不安な場合は、早めに都心のタワーマンションに引っ越すべきです。

日本の場合は、昔から土地神話が強くて、先祖代々の土地には価値があるとか、土地は資産だって考えの人も未だにいるんですが、東京都心の一等地なら全然資産として土地は価値がありますけど、地方の場合は最近では多くの土地は負債になってきています。

まあ、いろいろ簡単に引っ越しができない事情があるって人もいるんですけど、それはその人の都合ですから、だったら無理に引っ越しをするのではなくて、災害が発生した地元で今後の復興をすればよいだけなので、考え方の違いで対応は違ってきますね。

お金に余裕がある人であれば、東京の六本木ヒルズレジデンスとか、頭でっかちマンションの元麻布ヒルズ等は、災害に強い構造になっていて、自家発電装置とか災害時の地下水、食料や生活品の備蓄など、建物以外にも災害対策がされている優良物件です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年7月13日 — 4:47 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme