Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京のタワーマンションに引っ越すなら低層階をお勧めする理由

実際に私もそうだったんですが、地方から東京に引っ越しをする場合、折角なので地方では存在しないタワーマンションに引越したいって思う人もたくさんいると思いますし、六本木ヒルズレジデンスのイメージから、最上階がいいって人も多いでしょうね。

しかし、実際にタワーマンションに引っ越してみると分かりますが、最上階というか上層階よりも、低層階のほうが利便性が良いことが多く、実際に低層階と上層階は人気がありますが、中層階は人気がないって物件も多いですから、それが全てですね。

最上階は眺望が良いって思う人もいるかも知れませんが、正直、タワーマンションの眺望などはどうでも良いというか、見ていても意味がないって感じで、普段はカーテンを閉めていることも多いですから余程眺望が好きな人以外は多分、後悔すると思います。

スポンサードリンク




 

 

東京のタワーマンションに引っ越すなら低層階をお勧めする理由。

 

東京のタワーマンションに引っ越しをすると、地方では信じられないくらい周辺の環境が整備されていますし、早朝や夜間でも治安がよいですから、ジョギングなどの運動をしている人も沢山いて、そのうち毎朝とか夜間に運動をするようになっていきます。

そこで、タワーマンションの上層階に住んでいると、汗をかいたまま他の人と一緒にエレベーターに乗らないといけないとか、エレベーターの待ち時間が大変ってこともありますが、一番困ったのがトイレを我慢する際に泣きそうになるということでした。

タワーマンションでも低層階の部屋であれば、同じタワーマンションの快適な設備を十分に使うことが出来ますし、自分の部屋に戻る時も階段を使えばダッシュでエレベーターを使わずにエントランスから移動できますので、運動をする人なら是非お勧めです。

スポンサードリンク




 

 

タワーマンションの上層階に住むと買い物をするのも面倒になる?

 

最近の大型のタワーマンションであれば、建物内にコンビニやスーパーが営業していることも多くて、雨が降っても台風が来ても、屋外に一歩も出ること無く買い物に行けるという大変素晴らしい環境が用意されていることも多いのですが、高層階に住むと?

正直、高層階に住むと人にもよるかもしれませんが、とにかく部屋から出るのも面倒になりますし、高層階と中層階以下の部屋でエレベーターが分かれているタワーマンションでしたら、エレベーターも高速なのですが、それでも移動が本当に面倒なのです。

特に高層階から1階のエントランスに移動する際に他のフロアの人がエレベーターに乗って下の層に移動する場合、その度にエレベーターが停止して、移動に時間がかかりますので、専用エレベーターでもない限りイライラして仕方がないって状態になります。

 

 

タワーマンション最大の売りである眺望については本当に必要か?

 

東京のタワーマンションを不動産業者のサイトなどで見てみると、眺望を売りにしている物件が多いですし、実際に富士山が見える部屋等は同じタワーマンションであっても割高な価格設定にされていることも多く、眺望を重視する人もいるかも知れません。

しかしですね、自然のナイアガラの滝等の超絶景などでしたら別かもしれませんが、東京のタワーマンションの部屋とかベランダから見える絶景と言われても、正直すぐに飽きるのが現実ですし、高所恐怖症の人であれば、まずカーテンすら開けなくなります。

基本的に不動産業者のセールスは完全に無視をして、タワーマンションの最大のメリットは駅前等の立地条件が良い場所にあること、ゴミが24時間捨てれる、防音性能が高い等の快適設備であること、それらを優先すると普通は低層階がお勧めになります。

特定の目的があって六本木ヒルズレジデンス等の最上階を借りている人もいる訳ですから、お金が有り余っている人なら最上階を積極的に借りても良いでしょうけど、一般の人であるなら、下手な中層階や上層階よりも低層階の部屋のほうが生活しやすいです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年11月5日 — 2:06 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme