ベランダのないマンションの注意点|ベランダは偉大なデザイン?

地方では殆ど見られないマンションの話になるのですが、東京ではベランダ(バルコニー)が全く無い外見がビルのようなデザインのマンションが最近、特に多く見られるようになりました。

高額な物件であっても、ベランダは畳半畳分ぐらいのスペースしかなくて、避難用であるとか、空気の入れ替えをするくらいしか使い道がない、とても小さなスペースになっているタイプも多くなっています。

窓がハメ殺しになっていて窓そのものが開閉できない為、完全にビルのようなマンションであり、小さなお子さんがいても落下の危険性もないですし、高層階からの眺望が好きな方には、全面ガラス張りでベランダが無い物件は魅力的に映るかもしれません。

スポンサードリンク




実際、見た目のデザイン性に優れていて、タワーマンションでベランダに布団を干すようなマナー悪い人が居住者にいたとしても、ベランダが無いと布団そのものが干せない為、外観上のメリットもとても大きいものがあります。

タワーマンションというのは、ベランダに布団を干すのを禁止されている物件が殆どなのですが、やはり一定数の割合で、平然と布団を干す人が出てくることがありますから、物理的にそれができないメリットは大きいと言えます。

また、タワーマンションでよくある事故として、ベランダから人が落下すること自体があり得ませんので、その点についても安心と言えますが、外廊下の物件の場合は、マンションの内側から人が落下する可能性はありますから、内廊下でしたら落下対策は完璧です。

騒音に関しても、普通のマンションであれば、隣の部屋の居住者がベランダの窓を開けて大音量でテレビを見ていたとしても、ベランダそのものがない為、ベランダ経由での騒音の問題もありません。

壁を伝って、隣の部屋から騒音がくるくらいの大音量でしたら、流石に太鼓効果もあり音が響いてくるでしょうけど、防音マンション以外は防ぎ用が無い騒音ですから、どのような物件でも起こり得る話です。

ベランダが全くないマンションといった発想自体が、地方ではあり得ないような都会的なデザインになっていますし、低層マンションでは見られませんから、タワーマンション限定の話になります。

タワーマンションの致命的な欠点である、ベランダから小さなお子さんが誤って落下するであるとか、高いところが怖い人であっても、ベランダそのものがないわけですから、ある程度は安心してそこで生活できることでしょう。

スポンサードリンク




それ故に高額な高級マンションに分類される物件がベランダが全く無いデザインであることが多いのですが、ベランダそのものが無いことにより、一つだけ重要な欠点が発生しますので、無理をしてでもベランダが無い物件を契約したい方は、一応頭に入れておいたほうが良いでしょう。

 

ベランダの無いマンションの唯一の欠点とは?

 

デザイン性に優れていて、見た目も良いですし、間違えて人が落下すること自体があり得ない為、小さなお子さんが居ても安心して部屋の中で遊ばせておくことができる、ベランダの無いマンションなのですが、一つだけ重大な欠点があります。

それは、実際にオフィスビルなどで1日過ごしてみれば分かるのですが、一日中エアコンを付けていないと、夏場は暑すぎて耐えれませんし、太陽の光が当たる時間帯はカーテンを閉めておかないと眩しすぎるし暑すぎるので耐えれません。

それと全く同じことが、ベランダのないマンションでは発生してしまうのです。

ベランダの領域そのものが、日よけのような役割をしているわけですから、そのスペースがなくなってしまうと、当然、直接太陽の光が延々と当たることになりますから、室内の気温も上昇する為、エアコンが必須になります。

それによって、電気代も高額になる傾向がありますし、日が当たる時間帯はカーテンを閉めておかないと、暑すぎて色々と大変です。

ベランダの無いマンションを内覧する際には、一日中その部屋の中に滞在しているわけではありませんし、春夏秋冬で太陽の光が当たる時間帯も角度も変わってきますから、実際に生活をしてみないと分からない話なのです。

電気代など問題では無い人の場合でしたら、特に問題は無いかと思いますが、無理をして予算オーバーとか、予算ぎりぎりでベランダの無いマンションを契約する人の場合は、注意をしておいたほうが良いでしょう。

ベランダを完全に排除することによって、部屋の間取りを広くとることができますから、ベランダがある物件よりもフロア内の部屋の数を増やすことができる場合があります。

本当に、ベランダの無いマンションが必要なのか?、長期間生活をするのに適しているのか?、それがわから無い場合は分譲ではなくて、賃貸にしておいたほうが無難かもしれません。


スポンサードリンク






Updated: 2015年7月13日 — 1:01 午前