東京湾岸のタワーマンションを購入すると負債に?

現在、東京オリンピック絡みの件もあり、豊洲や有明の埋め立て湾岸地区にタケノコのようにタワーマンションが建設されていますので、今後大量に分譲が始まるわけですが、正直、東京湾岸地区のタワーマンションに住みたいのなら賃貸の方がお勧めです。

家賃を払うと損金になり、分譲マンションを購入すれば資産になるって話をしている人もいますけど、自分が入居して生活をしているのであれば、そのマンションは資産ではなく負債であり、自分が居住せずに投資や資産運用をするのなら資産になります。

ただし、資産になるタワーマンションは将来価値があがる事が約束されている物件のみであり、そんなタワーマンションは一般庶民は購入できない高額な価格であることが普通ですから、年収500万円前後の人がフルローンで購入することは到底出来ません。

スポンサードリンク




 

 

東京湾岸のタワーマンションを購入すると負債に?

 

豊洲や有明等の東京湾岸地区に建設されているタケノコのようなタワーマンションを購入すると、全てが負債になるってことはありませんけど、これの物件は収入が低い一般人がフルローンで購入するような物件ですし、立地の優位性やメリットもありません。

既に建設されているタワーズ台場なら、立地的はまだいい感じで、高層階は億単位で取引がされていますけど、将来価格が下がりにくく、資産性がある物件というのは、元麻布ヒルズとか六本木ヒルズとか、立地が重要になってきますので、湾岸地区は・・・。

自分で入居せずに転売や投資用に湾岸地区のマンションを購入する人って、特殊な部屋があるなら別でしょうけど、普通の人がローンで購入するような部屋を購入しても正直、資産とは言えず、かなり高い確率で負債になり競売物件になるでしょうね。

スポンサードリンク




 

 

これから人口減で過剰なタワーマンションが余ってくる?

 

既に日本は人口が大幅に減少してきていて、地方では不動産が余ってしまって空き家が問題になっていますが、東京だけは人口が多いとはいっても、タワーマンションがあまりに多すぎて、確実に部屋が余るのは分かっていますし、一部の部屋以外は・・・?

もちろん、立地が良い高額物件は、将来も価値が下がらないどころかマンションでも値上がりするでしょうけど、それは既に3億円とか5億円等の相場で中古で取引がされており品川Vタワーの最上階などは数年前に9億円くらいのプライスで売られてました。

湾岸地区のタワーマンションですが、駅も近くになくて不便ですし、今は新しく再開発された地域なのできれいに見えるかもしれませんけど、現在の越後湯沢のリゾートマンションとか高島平のように将来的に、かなり危険な物件になりそうな雰囲気ですね。

 

 

無理をして湾岸に住みたいなら賃貸がお勧めです。

 

どうしても東京の湾岸地区に住みたいのであれば、無謀なローンを組んで将来的に負債を抱えてしまうよりも、賃貸に住んで様子を見ておいたほうがよく、お金が有り余っているなら好きな物件を買えばよいのでしょうけど、そうでないのならやはり賃貸です。

知っておくべきは資産と呼べるタワーマンションというのは、自分が住んではいけない訳で、自分が住んでいる時点でそれは資産ではなく負債そのもので、次々とお金が出ていく状態になりますけど、それを資産だと勘違いしている人がフルローンで買います。

家賃を払うよりもローンを組んだ方がメリットが有るってのは、業者のセールストークであり、分譲マンションは購入から5年後に爆発的に修繕積立金が値上がりして固定資産税なども追い打ちがかかってきて、競売にかけられないように慎重に判断ですね。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年3月26日 — 7:30 PM