タワーマンションのゴミ袋に最適なOKストアのレジ袋

都内のスーパーがレジ袋を有料化したり、無料のレジ袋でも品質が悪化して薄くペラペラになってしまったり、品質が悪化してしまっていて、ゴミ袋として使った際に、穴が空いていたり、切れてしまったりしていて、水漏れ等で使い勝手が相当悪化してます。

イオンは真っ先に有料化してしまってますし、マルエツは無料の状態でも薄くて破れやすくなっているのですが、OKストアのゴミ袋だけは頑丈で半透明で、一枚6円しますけど、簡単に穴は開かないし、今でもゴミ袋として利用できるので便利に使ってます。

東京ではゴミ袋の有料化や、指定のゴミ袋でないとゴミ収集車が回収しないなどの問題がありますので、スーパーのレジ袋はあまり使えないのでは?と思うかもしれませんが、都内のタワーマンションの場合は建物内のゴミ捨て場で処分できるので便利です。

スポンサードリンク




 

 

タワーマンションのゴミ袋に最適なOKストアのレジ袋。

 

タワーマンションの場合、一戸建ての住宅や小さなマンションなどとは違い、建物内に専用の巨大なゴミ捨て場がありますので、特に指定されたゴミ袋を使う必要性はなく、小分けにゴミを収納することが出来て、更には半透明なゴミ袋が何かと重宝します。

その条件を満たしているのが、OKストアの半透明のゴミ袋になるんですけど、頑丈なのは当然なんですが、この半透明ってのがポイントで、中身が見えるゴミ袋の方が捨てる際にも扱いやすく、燃えないゴミなどをそのままの状態でゴミ箱に捨てれます。

生ゴミに関しては、都内の最近のタワーマンションでは、ディスポーザーが装備されていることが多くなっていて、生ゴミはそのままキッチンの排水口から廃棄出来ますし、そうでない場合でも生ゴミを捨てる際には頑丈で半透明で小回りが聞く袋が便利です。

スポンサードリンク




 

 

マイバッグを持って買い物をする際にも定期的に購入する。

 

最近、日本ではレジ袋自体が悪のような扱いを受けていますので、スーパー側もマイバッグの販売をしたり、マイバッグの持参を促したりしている都合上、マイバッグを持ち込んでスーパーで買い物をする人が増えていますけど、ゴミ袋が足りなくなります。

それで、OKストアで買い物をするときでも、マイバッグでレジ袋不要の買い物をすることが多くなるんですが、レジ袋用としてではなくて、タワーマンションのゴミ袋用としてOKストアのレジ袋は大変重宝するので、まとめて10枚を60円位で買ってます。

まとめてレジ袋をOKストアで購入した場合、一瞬?え?って感じで、レジの担当者の人が驚いたりしますが、何度か購入をしているとレジの担当も慣れてきますし、未使用の状態で自宅に持ち帰れますけど、OKストアのレジ袋は頑丈なので使用済みでもOK。

 

 

タワーマンションのゴミ捨て場にはゴミ袋捨場もあります。

 

タワーマンションのゴミ捨て場には、空き缶、空き瓶、ガラス、陶器、燃えないごみ等で、捨てるゴミ箱が用意されているんですが、大きな家具とか電化製品に関しては、粗大ゴミ捨て場に粗大ごみシールを貼った状態で管理事務所に許可をもらって捨てます。

ここで一番役に立つのが、割れたお皿やコップなどの陶器になるんですけど、これらは営利に破片が尖っていることも多く、マルエツとかイオンのレジ箱だと、簡単に切れてしまって大変危険なんですけど、OKストアのゴミ袋は頑丈なのでここでも便利です。

半透明で頑丈で穴が開きにくく切れにくいOKストアのレジ袋は何かと重宝しますし、ゴミを手に持って移動できる量、ゴミ箱やゴミの投函ボックスに投入できるギリギリの大きさまでゴミを詰めることが出来ますから、ゴミ捨て場への移動回数も減ります。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年5月23日 — 3:11 PM