BrilliaTower有明 MID CROSSの風評被害はどうなるか?

本日、自衛隊による爆弾の信管解除と撤去作業が行われた、台場と有明の境界線くらいに建設されているタワーマンション「BrilliaTower有明 MID CROSS」の建設現場なんですが、無事に爆弾の撤去作業が終わったらしく、何事もなく皆さん過ごしています。

正直、有明付近って、戦後に埋立地られたってイメージがある人も多いと思いますけど、アメリカ軍が太平洋戦争時に投下した不発弾が見つかった事により、戦前からの梅たちだった事がより明確になったんですが、この付近には更にあるかもしれませんね。

不発弾については、普通の民家とは異なり、タワーマンションの場合は基礎工事をする際に相当地面を掘りますから、その際に地面に埋もれた不発弾を見つけたようで、ということは、この爆弾が投下された戦争時には、もっと地面は浅かったってことかな?

スポンサードリンク




 

 

BrilliaTower有明 MID CROSSの風評被害はどうなるか?

 

東京のど真ん中であり、東京オリンピック会場のすぐ近くなのですが、何故か大々的にこの不発弾の県が報道されることがなく、ひっそりと処理が行われたので、ネットでも全然話題になっていないし、そもそも今回の不発弾のことも知らない人が殆どです。

これについては、東京建物さんが多額のお金をメディアに流しているのでは?って噂が今回の状況を知っている人の間で出てきている感じですが、実際はどうなのかわからないとは言え、都心のど真ん中の爆弾解体なのに、全然報道が扱わない不自然さです。

詳しいことは知らないのですが、不発弾の処理のかかる費用は土地の所有者が全額負担するって仕組みになっているらしく、裁判になったりしていましたけど、これは裁判になると困るでしょうから、多分、今後も撤去費用でマンション側と揉めないでしょう。

 

 

既にボンバーマンションってネタになっている?

 

不自然に何かを隠すと、今後それが発覚した時、ネット上で大炎上するって時代になっているので、過去のように何かあれば隠せば良いって手法が使えなくなっているとは言え、飲食系のバイトテロのように多くの人が興味があれば、その後に炎上をします。

スポンサードリンク




なので、BrilliaTower有明 MID CROSSについては、日本中の殆どの人が興味が無いでしょうし、爆弾が仮に爆発をしていてもどうでも良いってレベルですから、今後、不自然に報道がされなかった件については、大した問題にはならないのかもしれません。

今回の爆弾で実害を受けた人たちもいて、そういった人たちの間では、BrilliaTower有明 MID CROSSの事をボンバーマンションって話していますし、正式な名称を知らないし、どうでも良いって感じなので、アレはボンバーマンションになってます。

 

 

24時間営業のヤマト運輸前ってのはどうでしょうね。

 

ハドソンってゲーム会社がかつてあって、その会社が販売していた爆弾を爆発させるボンバーマンってゲームをもじって、自然にボンバーマンションって言葉が出てきたのかもしれませんが、今回の爆弾事件の件で、少なからず今後の分譲に影響はありそう。

既に爆弾は撤去したといっても、周辺にはまだ爆弾が埋まっているのでは?と考える人もいるでしょうし、仮に埋まっていても問題が無いと企業が宣伝をしても、その判断をするのは個人ですので、無理やり爆弾事件の事をなかったことには出来ない時代です。

まあ、ボンバーマンションについては、皆さんネタで話しているので、そのうち話題にすらしなくなるでしょうから、問題ないのかもしれませんが、正直、24時間営業のヤマト運輸の目の前の埋立地のタワーマンションってのは、うーんって感じですね。

この有明周辺の湾岸地区には、ここ数年異常とも感じるくらい、タワーマンションが次々と建設をされていて、本来は人が住む地域ではなく商業地域なのに無理やり居住区画を乱立してしまっていることから、将来的に越後湯沢みたいになりそうで怖いです。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年6月5日 — 3:18 PM