東京都内の公園でドローンを使える場所はある?

最近、皇居付近でドローンの飛行が目撃されたりしていたり、都内でドローンを飛ばしていた人が逮捕されたりしていますが、数年前に初めてドローンと呼ばれる、遠隔操作にて空を飛翔するラジコンが登場した際には、都内の公園でよく見られていました。

公園を歩いていると、大型のドローンが爆音を出しつつ、空を飛んでいて、その当時はドローンを知る人もあまりいなかったので、UFOと勘違いしていた人もいるくらいだったのですが、その後、ドローンが広く知られるようになりトラブルが多発しました。

具体的にはドローンの性能不足よりも、ドローンを操作する人の技術不足、知識不足により、大勢の人が集まる場所でドローンを飛ばしていて、落下させてしまったり、立入禁止の場所でドローンを飛ばしているなど、ドローンの規制が始まっていく訳です。

スポンサードリンク




 

 

東京都内の公園でドローンを使える場所はある?

 

そして、首相官邸の屋上でドローンが発見される事件があり、それで警察がドローンに対して相当な規制を発動する事になっていき、実際に爆弾を搭載したり、劇薬などを搭載最多ドローンが簡単に首相官邸まで侵入できる訳ですから、規制強化になりました。

その結果、都内の公園ではドローンの飛行が一切禁止されるようになり以前なら公園に行くと大型の20万円以上するドローンを飛ばしていた人も沢山いたんですけど、最近では全く見なくなってしまい、まあ、飛ばしただけで逮捕されるので仕方がないです。

現在、都内の公園に行くとドローン飛行禁止の札を見かけることもありますし、仮にドローン飛行禁止の警告がなくても、勝手にドローンを飛行させていると、監視カメラもありますし警察に通報されてしまうと、先ず、身柄を確保されるのは確実になります。

スポンサードリンク




 

 

200グラム以下のドローンなら大丈夫なの?

 

爆弾等の大型の荷物を搭載できるような大型ドローンの場合は、明確に飛行禁止がされていますし、法律上は問題ないと勝手に解釈していても、大抵は良くない方向に進んでいきますので、ドローンを飛行させる場合は、必ず土地の管理者に確認を取ります。

もちろん、自分が所有する土地や建物、敷地内でしたら、ドローンの飛行自体問題はありませんが、都内ではそんな巨大な土地や建物を所有している人はいませんし、大型の公園が沢山あるのですが、ドローンの飛行が一般人に許可されるのは大変厳しいです。

200グラム以下の小型ドローンでしたら、テロなどに使いにくいこと、小型でバッテリーの問題や遠隔操作の限界などもあるので、ある程度規制から外れているようなのですが、こちらも公園内での無許可の飛行はトラブルの元なので、必ず確認をしましょう。

 

 

飛行禁止なら水中ドローンなら大丈夫なの?

 

最近、水中で使用できる大型ドローンが発売されているので、それを使って都内の公園内の池で利用するとか、海岸沿いで海の中で使いたい人もいるかも知れませんし、ドローン飛行禁止から外れるのでは?と思うかもしれませんが、こちらも基本無理です。

都内の公園で水中ドローンを使う場合でも、公園を管理している管理事務所に確認をとってから出ないと、勝手に水中ドローンを使っている場合、確実に通報されてしまい、公園内の監視カメラを根拠に、警察に連行されてしまう可能性があるので要注意です。

地方の海とか川でしたら、水中ドローンは禁止されていないでしょうから、空を飛ぶドローンは無理でも釣りのポイントなどで使えるのですけど、都内の公園の池で勝手にドローンを使うとか、海保の船舶付近でドローンを使うと、逮捕される恐れもあります。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年6月6日 — 3:52 PM