引越し先のコンロに温度センサーがあると便利な理由

引越し先を選ぶ場合、キッチンが付いていない住宅は先ず無いと思いますが、キッチンに有るコンロに温度センサーついている物件を選んでおくと、後々、お茶を沸かす時に大変便利なので、コンロを確認して、センサーが付いているかどうかの確認がお勧め。

コンロにセンサーが付いている場合、大抵は3つくらいコンロがあって、その中の一つにセンサーが付いていて、揚げ物、炊飯、湯沸かしなどのボタンが有り、一定温度に達すると、自動的にセンサーが起動して、コンロを止めてしまうという便利な機能です。

特に東京では、浄化されたばかりの水道水はきれいなんですけど、水道管を通って自宅の蛇口から水道水を出すと、カルキ臭いとか変な匂いがするって状態になっていることもありますので、飲水は一度、湯沸かしをしてから飲む人も多く、センサーは便利。

スポンサードリンク




 

 

引越し先のコンロに温度センサーがあると便利な理由。

 

ちなみにこれはガスの話で、オール電化の場合は状況が異なりますが、キッチンに有るコンロにセンサーが有ると、お茶を沸かしたり、湯沸かしをすると、タイマーなどで時間を図らなくても、勝手にアラーム音がなってガスが止まりますので、とても便利。

よくあるのが、ガスでお湯を沸かしていたとか、油ものを上げていた際に電話がかかってきたとか、訪問者が来たとかでその場を離れてしまったり、うっかり眠ってしまい、その場で眠ってしまい、そのまま空焚きしてしまい、発火して火事になるケースです。

特に油の場合、ガスの火を入れたままその場を長時間離れると炎上してしまい、そのまま室内で凄まじい炎と煙が発生してしまい、一酸化炭素中毒で即死してしまうだけではなく、マンションの場合、他のフロアの人たちに多大なる迷惑をかけてしまいます。

スポンサードリンク




 

 

うっかりガスの付け忘れがなくなる安心感は是非欲しい。

 

その場で料理をする場合なら、コンロにセンサーは必要ありませんが、30分とかそれ以上の時間に渡ってガスをつけっぱなしにする場合、うっかり寝てしまうこともありますし、過去に何度か、湯沸かし中に眠ってしまい空焚きをしてしまうこともあります。

料理を全くせず、シンガポールのように、外食中心の人も最近では沢山いるかと思いますけど、飲水を全てペットボトルでお茶やミネラルウォーターで購入する人なら別でしょうけど、人は一日2リットル以上の水を必要とするので経済的負担も大きいです。

そこで、最も利用することが多い、麦茶や烏龍茶、杜仲茶、紅茶やコーヒーなど、沸騰したお湯が必要な場合、うっかりガスの付け忘れが発生するかもしれない、不安な住宅よりも、確実に一定温度に達したら自動でコンロが消える住宅のほうが安全です。

 

 

外出した後にガスの付け忘れの不安がなくなります。

 

よくあるのが、ガスでお湯を沸かしているなどをしていて、その後、自宅を外出した後に、もしかしてガスをつけっぱなしで外出したかもしれない・・・、このように突然不安になることがよくありますが、この問題もセンサー付きなら確実になくなります。

几帳面な人であれば、玄関のドアに外出する際にはコンロの確認をするって注意書きを書いていれば、外出時には必ずコンロの点検をしてから外出するようにするだけで、うっかりつけっぱなしで外出してしまい、その後に不安になるって状態もなくなります。

それでも、日々の疲れが溜まってしまい、ガスで湯沸かし中にうっかり眠ってしまい、そのまま長時間寝てしまうこともあり、以前、空焚きで凄まじい煙が発生していて、偶然目を冷まして火事になる前に対策ができたのですが、その不安も全て解消出来ます。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年9月4日 — 8:56 PM