2019年10月分から駐車場は一斉値上げされる?

2019年10月から消費税が10%に増税されてしまいますので、それに合わせて月極駐車場の価格が一斉に値上げされてしまいますから、確実に値上げが待っていますから、駐車場の請求金額がおかしい?とならないように、事前に値上げを把握しておきます。

ちなみに、家賃には消費税を請求できませんので、家賃が値上げされた場合、大家が便乗して値上げをしている可能性もありますので、何故?値上げされたのか?を確認して、納得ができない場合は、そんなふざけた物件からは引っ越した方が良い位です。

駐車場に関しては、消費税を請求できるというか、消費税を請求しないといけない仕組みになっている都合上、日本国内の全ての月極駐車場には消費税が含まれていますので、毎月駐車場代の10%を納税している形になりますから、摂取されまくりです。

スポンサードリンク




 

 

2019年10月分から駐車場は一斉値上げされる?

 

例えば、虎ノ門ヒルズの月極駐車場は毎月10万円を超えていますが、10万円の場合は11万円分の駐車場代を請求されることになり、消費税10%がどれだけ国民の生活に負担をかけているのかがよく分かると思うんですけど、車を持つだけで出費がかさみます。

仮に駐車場代の請求が2019年10月になっても変わらない場合、それは大家とか管理会社がその増税分を負担してくれているというか、消費税込みで最初から駐車場を設定して、増税されてもその分は利用者に請求せずに売上から払いますって感じになります。

駐車場代から消費税をなくすことは出来ませんので、確実に10%の消費税を駐車場代から支払うことになりますから、請求が高くなるのは当然で、もし、10月になっても請求が変わらない場合は、管理会社や大家が増税分を負担している優良駐車場ですね。

スポンサードリンク




 

 

自民党的には将来的には消費税25%にする計画らしい。

 

以前、自民党の計画では消費税は25%まで増税するって決まっているらしく、今後も消費税は確実に増税されていくことになる可能性が高いですから、消費税10%ってのは通過点に過ぎないらしく、将来は駐車場にも25%の消費税がのしかかってくる?

実際に国民の年収を捏造して、国民の収入と所得が過去最高にアップしていると国民に嘘を付き、それで実際には大多数の国民は年収300万円以下になり貧困化が進んでいて、本来であれば消費税を増税すると、更に貧困化が進むのを分かってこの状態。

そのような日本政府の対応を見ていると、消費税10%ってのは通過点にしか過ぎず、自民党の計画通りに進むと、消費税25%の時代がやってくる可能性が高いですから、月極駐車場を借りる人が将来激減する可能性もあるので、お先真っ暗ですね。

 

 

駐車場代の消費税を請求しないことには出来ない?

 

消費税は絶対に請求しないといけない税金ですから、消費税を請求しないことには出来ないのですが、消費税増税分も大家や管理会社が負担するって状態であれば、消費税が10%に増税されても、請求金額は変わらないので、全て大家側が増税分を負担です。

ですから、10月から駐車場代の請求金額が全く変わってないのであれば、増税分は大家側が支払っているので、借りている方は全く関係ないのですが、殆どの月極駐車場では、消費税を利用者に請求している事が多く、その場合は確実に値上がりします。

駐車場の場合、消費税の請求をなくす事はできませんから、月極駐車場を選ぶ場合、毎月30000円とか15000円とか、端数が記載されていない駐車場の場合、消費税は内税になっている事もありますから、駐車場を探す際には消費税についても確認しましょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年9月4日 — 2:19 PM