Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

地方の人ほど20代のうちに東京に移住した方が良い理由

地方にお住いの方で現状の生活に不満があり、将来的に東京に引っ越して生活をしたい方がいれば積極的に行動をとることを強くお勧めいたしますし、なるべく若い時にやっておいた方が損はありません。

ただし、全く才能がない人の場合、東京に引っ越しても仕事がなく住宅費などの生活費が割高になりますから、早い段階で地元に戻らないといけなくなりますので、何でもかんでも計画性なしに行動するのはよくありません。

普通の才能がある人でしたら、東京に引っ越しても普通に仕事ができますし、地方よりも待遇も将来性もある傾向にある以上、興味があればそれをしない理由そのものがないことになります。

スポンサードリンク




 

20代の頃に東京や海外で生活をしているとメリットが沢山。

 

できれば20代の頃に東京に引っ越して都会の生活や仕事をやっておくと、その後ご実家の都合などで地元に戻らないと行けなくなっても、地元から全く出ないよりかは遥かにプラスになることを体験できます。

海外でしたらもっと良いのでしょうけど、さすがに海外となると一気に全ての敷居が高くなりますから、かなりできるで稼いでいる人以外はいきなり海外移住は検討しない方が無難です。

基本的に日本人が海外に移住するメリットや理由というのは、大半が税金対策絡みであったり、所得が大きい特殊な仕事をしている人の都合であることが多い訳ですから、それに該当しない人が例えばシンガポールに移住したとしてもデメリットしか発生しません。

シンガポールが税金が安いといってもそれは日本で最高税率に設定されている高額所得者の話であり、それ以外の人がシンガポールに移住した場合は、高額な生活費や医療費などで日本で生活するよりも悲惨な状態になりますからね。

 

東京に引っ越してある程度の実績を作ってから海外に展開がお勧め。

スポンサードリンク




 

地方で過ごす場合、20代の頃はまだ良いかもしれませんが、30代、40代になるにつれ、毎日ワンパターンの繰り返しですし、周囲も似たような人材しか集まりませんから、20代で東京に出て行った人たちとは全く会話が成立しなくなります。

会話が成立しなくなるから、20代の頃に東京に出て行ったり、海外に出て行った人たちとは疎開になっていく訳ですが、そういった人たちの方が30代、40代になった頃には資金力や人脈を沢山持っていることが多いのです。

自分の能力が若干劣っていても、周囲に能力が高い人がいれば、そういった人たちに引っ張っていただく感じで、自分の能力や経験を伸ばしていけるのですが、そういった人たちが全く周囲にいないとそれもありえません。

仮に同窓会で偶然そういった出来る人たちと会ったとしても、社交辞令で終わるのが当たり前ですし、だんだん同窓会にも来なくなるので、完全に接点がなくなってしまうのです。

 

ご両親の介護疲れでトラブルを避けるためにはお金を稼ぐしかないのです。

 

周囲には地元から出たことがなくて知識も少なく、学生時代の感覚の人たちしかいない場合、それに気がつかずにご自分もそうなっている場合もありますし、そのような人はかつての同級生であっても、都心や海外の一線で活躍している人たちはまず相手にしてくれません。

それを考えると、ご自分が周囲から必要とされる人材になれば良いだけですので、20代の若い頃に東京に出てきて、そこからさらに成功すれば海外に出て行けば良いですし、東京で限界なら東京で過ごせば良いのですね。

その後、ご両親の介護などでご実家に帰らないと行けない場合などは、その際に地元に帰れば良いですし、それなりの所得があるならご両親の介護費用などを私で地元の施設にお願いすれば誰も不幸になりません。

ご両親の介護が必要になり、仕事は辞めれないし、ストレスは溜まるし、お金はないし、将来性もないとなると、大変悲惨な現状が待っていますから、そうならないためにも、20代の若い頃にきっかけを作っておくと便利です。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年1月24日 — 7:52 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme