東京は新型コロナウイルスの影響で病院もパニック?

中国武漢から発生して、世界中に広まった新型コロナウイルスは、今でもものすごい勢いで世界規模で広がっていて、WHOが全く問題ないとかマスクは不要とか、不安を煽るなとか、フザけた対応をしていたのをきっかけに、日本でもかなり危険な状態です。

東京都内では、新型コロナウイルスの影響でマスクが買い占められていますし、全く関係がないトイレットペーパーまで大量に買い占めたり、食料品も買い占める人が続出していますが、あの凄まじい満員電車を知っていれば、もう爆発感染は防げないですね。

それで、図書館も閉鎖されてしまい、鮫洲の運転免許センターも閉鎖されてしまっていて、都内には一体、どれほどの感染者がいるのか、想像も使いない状態になっているんですけど、その状態で病院内での感染者や死者が出てきており、本当に危険な状態。

スポンサードリンク




 

 

東京は新型コロナウイルスの影響で病院もパニック?

 

昨年から定期的に都内の病院に通院しているんですけど、現在では病院のエントランスでは、発熱がある人、新型コロナウイルスへの感染が疑われる人は何とか・・・って注意書きがあるんですけど、誰も見ていないので、もう少し何とかして欲しい所です。

更に外国人の人も結構多く通院してくるので、多分、日本語で書いていても理解できなくて、本人が認識しないまま、新型コロナウイルスに感染して通院する人も居るかも知れませんし、日本人でも自覚症状がないまま、病院に来る人も絶対出てくるはずです。

病院のドクターは、マスクはしていますが、正直、見た目で新型コロナウイルスの感染者かどうか判断できませんし、多くの患者がひっきりなしに通院してくる訳ですし、ドクターに聞くと、保健所が未だに専門医経由の依頼でも検査をしないって話でした。

スポンサードリンク




 

 

今はまだパニックになっていませんがこれからが本番?

 

2週間に1回ほど、都内の病院に通院していますが、現状では、看護師さんがフル装備でマスクや医療用手袋をして接客をしていて、それだけでも異常な雰囲気ですけど、都内でも院内感染が出たり、都内の病院でもコロナの死者が次々と出てきています。

これだけを聞くと、都内の病院は大した事は無いのでは?と思うかもしれませんが、現状は日本政府がコロナウイルスの感染者の検査を拒否しているので、感染者数が少なくなっているとか、意図的に日本政府が感染者数を少なくしていたって感じですね。

なので、今後、都内の病院ではあちこちで新型コロナウイルスの感染者が発生してしまい、医療崩壊がいつ発生してもおかしくない状態になってしまっていますし、外国人は新型コロナウイルスに感染しても治療費が全て無料なので、訳の分からない状態です。

 

 

都内の病院に通院できない日が来るかもしれない恐怖。

 

イタリア等では既に医療崩壊が発生していて、新型コロナウイルスの感染者、死者が凄まじい勢いで増えていっていますが、日本もイタリアのような状態になる可能性がかなり高く、総理大臣とか都知事の無策無能ぶりを見ていると、もう時間の問題ですね。

そうなると困るのが、普段から持病がある人、新型コロナウイルス以外の病気で通院をしないといけない人であり、都内の病院が新型コロナウイルスで閉鎖されたり、院内感染、爆発的に感染者が増えて症状が出た場合、通院できなくなる可能性があります。

ですから、これから病院が閉鎖になってしまった場合、いつもの医師の診察を受けれなくなる可能性もありますし、いつ再開するかも分からないですから、事前に医師に相談をして、処方箋についてそのまま薬局で受けれるような相談をしておくべきですね。


スポンサードリンク






Updated: 2020年4月1日 — 12:30 午前