Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京に引っ越しをするなら近くにまいばすけっとがあると便利

東京都内では当たり前のように店舗が営業をしているミニスーパーのばすけっとは、マルエツプチと並んで近くにあれば大変便利なミニスーパーであり、巨大なイオン等の店舗を歩き回ることもなく、店内に入って直ぐに必要な生鮮食料品の買い物ができます。

まいばすけっとは最近都内でも急速に店舗数を増やしてきていて、コンビニが潰れてしまって撤退したテナントに堂々と入ってくることが多くて、ローソンやセブンイレブン等のコンビニが営業できない場所ででもお客さんを集めて営業できるのが特徴です。

その為、東京に引っ越しをする時にはまいばすけっとが近くにあれば、正直ってスーパーもコンビニも必要無いくらいの生活が出来ますし、扱っている商品の価格がイオン価格になりますので、コンビニで買い物をするよりも遥かに安いコストで購入出来ます。

スポンサードリンク




 

 

まいばすけっととローソンやセブンイレブンとの根本的な違い。

 

このまいばすけっととローソンやセブンイレブン等のコンビニの根本的な違いは、生鮮食料品を主力に扱っているということであり、価格がスーパーよりも安くなっている商品も多くて、主婦層が日常的な食事を作る食材が沢山集まっている点になります。

最近では、コンビニでも生鮮食料品や野菜などを取り扱うようになってきていますが、まいばすけっととは扱う野菜や生鮮食料品の品目数が全然違いますし、イオンで売られている商品と全く同じ商品が価格が若干安くなってコンビニ陳列されている状態です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


更にコンビニと同じくらいの広さの店舗に効率よく、イオンの店内でも特に売れるような生鮮食料品や調味料、野菜などをピンポイントで陳列している為、料理を作るにしても余程特殊な七面鳥等を使った料理でもしない限りは全ての材料が揃います。

鶏肉、牛肉、豚肉は一通り揃っていますし、鮮魚はまいばすけっとでは全然売れないらしくて鮮魚についての品揃えは大変弱いのですが、それでも鮭のハラスとかマグロの刺し身などは揃っていますし、つまみのようのイカの塩辛などは常に在庫であります。

 

 

東京に引っ越しをするならまいばすけっとが近くにあると便利です。

 

実際に東京に引っ越しをする際にコンビニが近くに3軒、5軒ある物件であっても、全く意味がなくて引越をしている最中でしたら、近くにコンビニがあると便利なのですが、コンビニはすぐに使わなくなりますので沢山あっても全く意味がありません。

大型スーパーが建物内で営業をしている東京タワーズのようなマンションであれば、買い物はそれだけですべてが揃いますし、東京タワーズの場合は、マルエツが24時間営業をしていますので、日常的な食料品の買い物は敷地外から出なくて構いません。

ただ、東京タワーズなどのタワーマンションは家賃が20万円以上するのが当たり前ですから、学生さんや若い社会人の人にはあまりに負担が大きすぎることから、だったら近くにまいばすけっとがある物件を選んでおけば、普段の買い物には全く困りません。

引っ越しをする際に似たような物件で迷った場合は、近くにまいばすけっとがあるかないかで判断をしても良いですし、まいばすけっとはコンビニのように簡単には撤退をしないミニスーパーですから、弁当も安いし何かと便利に生活をすることが出来ます。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年7月4日 — 6:13 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme