Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京のホテルに彼女と二人で食事に行くと予算が30万円になる理由

東京のホテルで食事をしたら1回30万円の予算が必要になる?、この話をすると結構な人がそんなバカ話がありますか?って状態になるんですけど、実際に汐留のコンラッドで食事をした友人が二人でそれ位の予算が必要になりましたので嘘ではありません。

地方でしたら信じられない金額であり、銀座の寿司屋に行っても高くても二人なら10万円前後の予算で何とかなりそうな雰囲気になるのですが、コンラッドのゴードン・ラムゼイ等ではこれくらいの予算が必要になることもありえますので、流石は都会です。

別に二人の食事代で予算が30万円前後になるのはゴードン・ラムゼイがボッタクリをしている訳ではなくて、他に同クラスの似たような飲食店でも同じく位の予算になりますから、これから女性を二人で食事に行く前に外食の勉強をしておいた方が無難です。

スポンサードリンク




 

 

東京のホテルに彼女と二人で食事に行くと予算が30万円になる理由。

 

これから、女性と二人で食事をする予定があるのであれば、特に外食について勉強しておいた方がよくて、ゴードン・ラムゼイ等の人気の店に行く場合は、ネームバリューだけではなく、そこで出てくるワインについてよく勉強をしておいた方が無難です。

ゴードン・ラムゼイ等のお店で予算が30万円を超える理由の殆どが、高額なワインを開けているからであり、ワインにやたら詳しい女性と食事に行く場合は、自分もそれ相当のワインの知識を持っていないと、予想外の金額が必要になることがあります。

日本の場合、ゴードン・ラムゼイのような一流店が、歌舞伎町の如何わしい飲食店のようにボッタクる事はまずありませんが、女性側からお願いされるとか女性に全てをお願いしていると、高額なワインを開けざる負えなくなりそれなりの予算がかかります。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

納得して一流のお店で食事をしたいか単に遊びなのかが問題ですね。

 

友人の場合、それなりのワインの知識がありますし、女性はそれなりに重要な人物だったらしくて、最初から予算30万円前後と決めていて、ゴードン・ラムゼイに出かけたそうなので全く問題はありませんけど、見栄を張るとか遊びの場合は大変ですね。

流石に予算が30万円の食事になると、遊びやどうでも良い相手に支払える食事代の金額ではありませんし、普段から一流店と呼ばれているフランス料理のお店に行き慣れておらずテーブルマナーや相場、ワインの知識もない男性は無理をしない方が良いです。

女性も一般常識がある人であれば、無理なワインを開けることはないのでしょうけど、相当きれいな女性を何とかモノにしたいと、下心全開で高そうなフランス料理等のお店に行った場合、食事代は高くても数万円で収まりますが、ワインは上限がありません。

 

 

一流店でストックしているワインの価格は殆ど時価相場なのです。

 

銀座天一とか久兵衛とか金田中等の寿司屋とか天ぷらとか、一人30000円から50000円の高額な飲食店が都内にもそれなりにありますが、流石に二人で30万円コースになるのはワイン込の料金でないとありえませんので、ワインの知識はやはり必要です。

また、当然ですが、オーダー事前にワインの価格も分かるわけですが、見えを張ってしまって今更それは無理って低い引けない状態になるとか、普段から富裕層を装って余裕の対応を対応をしていると、分かっていてもオーダーせざる負えない状態になります。

知識があって容姿も美しい女性を高額な飲食店に誘って自分のものにしようと大見得を切ってしまって後々請求金額を見て驚かないように普段から身の丈に合った食事をするとか、最初から予算を決めてその価値があると思ったら好きなワインを空けましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年11月2日 — 3:03 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme