ゴミ出しのトラブルから解放される東京のマンションの選び方

日本国内で暮らしていると、結構な割合で発生するのがゴミの処理問題であり、ゴミ出しの日時を無視してゴミをゴミ捨て場に投棄したり、他人のマンションや自治会が管理しているゴミ捨て場にゴミを違法に捨てたりなど、大抵誰もが一度は経験しています。

ゴミ出しの日時や燃えるゴミや燃えないごみなどの分別をしない人が、ゴミ捨て場を使用している場合、毎回かなりのトラブルに成ることが多くて、ひどい場合は産業廃棄物の車のバッテリーやサスペンションなどをゴミ捨て場に捨てているケースもあります。

ゴミの処理の問題は恐らくは、自治会が管理しているゴミ捨て場を決められたグループ単位で利用することが多い東京よりも田舎の地方の方が多いのではないかと思いますが、東京の場合は引越し先のマンション次第でごみ問題からほぼ100%解決されます。

スポンサードリンク




 

 

ゴミ出しのトラブルから解放される東京のマンションの選び方。

 

東京に引っ越すのであれば、出来ればごみ問題から殆ど解放されるマンションに引っ越しておけば大変便利であり更に可能であれば最近増えてきているディスポーザー付きの生ゴミをそのまま下水処理できるキッチンがついたマンションだと快適そのものです。

ディスポーザーがあまり普及していない地方では夏になると悪臭を放っていて、扱いに困ることが多い生ゴミが全く出ない環境というのは、実際に体験するととても快適でこの環境に慣れてしまうと、もう地方に引っ越すことはできにくくなるくらいなのです。

ゴミのトラブルから殆ど解放されるマンションを選ぶ際には、24時間いつでもゴミを出すことが出来るマンションであり、更に可能であればディスポーザーが装備されているマンションを選んでおくと間違いはありませんので、大変快適に生活が出来ます。

スポンサードリンク




 

 

24時間ゴミを出すことが出来るマンションはどんなマンション?

 

地方で生活をしていると24時間ゴミを出すことが出来るマンションや一戸建てと言うのは殆ど存在しておらず、大抵はゴミの種類によって出すことが出来る日時を決められていて、マンションなどではゴミ捨て場に鍵がかけられていて厳重管理されています。

それとは引き換えに、24時間いつでもゴミを捨てれる状態のマンションは、ゴミ捨て場をいつでも利用できるようになっていたり、ディスポーザーで生ゴミを室内で処分できるようになっているので、ゴミが発生したタイミングで簡単に処分が出来るのです。

何故?、24時間ゴミを捨てることが出来るのか?といえば、外部の人間が入ってこない状態になっており、オートロックで管理されているマンション内のフロアや敷地内にゴミ捨て場が設置されていて、入居者しか使えない状態なのでそれが可能なのです。

 

 

東京に引っ越すならごみ問題から解放されるマンションがお勧め。

 

東京でもごみ問題が発生しているマンションも当然ありますし、マンションのゴミ捨て場に関係ない外部の人間が毎回ゴミを違法に捨てに来たり、ゴミ出しのルールを守らない人がいてトラブルになっているマンションや一戸建てゴミ捨て場も沢山あります。

ただし、物件選びを間違えなければ、24時間いつでもゴミを捨てることが出来るマンションを選んでおくと、ごみ問題は殆ど開放されますし、いつでもゴミを捨てることが出来ることから、生活がとても快適になり生ゴミの問題からも解放される訳ですね。

唯一の問題と言えば、24時間ゴミを捨てることが出来るマンションでも、粗大ごみだけは例外的に管理事務所に許可を取ってから区が発行しているゴミシールを貼り付けて処分する必要があるのですが、それを無視して捨てる輩が一定数発生する事です。

ごみ問題は人間が生活をしている時点で必ず発生してしまいますので、それを防ぐにはごみ問題から解放される24時間いつでもゴミが捨てれて、出来ればディスポーザー対応のマンションを選ぶことによって簡単に防ぐことが出来るので検討してみましょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2017年12月11日 — 2:45 PM