Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京ではSUICAを持っていれば買い物や日常生活が便利に?

最近では電車の運賃の支払い以外でも利用する場面が多くなっているSUICAですが、東京で生活する場合はSUICAを持っていれば便利になるのか?といえば、確かに電車を利用する事が多い人であればSUICAは必須になっている位持っておくべきアイテムです。

ただし、電車を利用しないで車をメインに利用している人の場合、SUICAを持っていてもなんのメリットもありませんし、結構厚みがあってかさばりますので、財布の中に入れていても邪魔になるだけですから、正直言ってSUICAは必要ないと思って良いです。

東京都内では駅構内ではSUICAがあれば、飲食等も含めてあらゆる買い物が出来る状況になっていますので、電車を頻繁に利用する人ならSUICAは大変便利なツールになるのですが、そうではない場合は財布の肥やしにしかなりませんし、ほぼ使いません。

スポンサードリンク




 

 

東京ではSUICAを持っていれば買い物や日常生活が便利に?

 

コンビニやスーパーなどでも、東京都内ではSUICAで買い物が出来る店舗が増えてきているので、SUICAがあれば、買い物が便利になる?って思うかもしれませんけど、実際にはSUICAよりもクレジットカードの方が圧倒的に便利なのでSUICAは使いません。

なので、SUICAは電車を頻繁に利用する人や学生などでクレジットカードを所有できない人には大変お勧めできますし、メリットも有るのですが、社会人でクレジットカードを所有している人や電車を全く利用しない人であれば所有するメリットはありません。

ただ、SUICA自体は保証金500円あれば誰でも作ることが出来ますし、もしもの時に緊急で電車にのるときにはきっぷを購入しなくて良いので、東京に引っ越したのであれば、JRの窓口に行ってSUICAを作っておき、使わない時はしまっておきましょう。

スポンサードリンク




 

 

SUICAがあればコンビニやスーパーなどで買い物も可能です。

 

SUICAは相当早い段階で開発されてた電子マネーですから、現在では電車の利用だけではなくて、色々なお店などで買い物ができるようになってきていて、SUICAが一枚あれば、コンビニとかスーパーでも買い物ができるインフラが完全に用意されています。

なので、チャージ制なので事前にJR等で入金をしておく必要性がありますが、電車の定期券として使っているSUICAでもチャージをしておけばそれでコンビニで買物ができる訳ですし、現金を持ち歩かなくても良いので、財布の中もスマートになります。

SUICAの利用方法としては、事前に最大5万円分までの日本円を入金しておけば後は小銭などを用意せずに利用することが出来るため、一般的な買い物をする場合は、SUICA一枚あれば電車も買い物にも不便はありませんが、都営バスでは利用できません。

 

 

SUICAの最大の欠点はなくしたときの保証が無いことを理解する。

 

大変便利なSUICAなのですが、実は最大の欠点があって、それはSUICAは事前に入金して使用するタイプの電子マネーになるので、クレジットカードとは異なり、なくしてしまった場合の保証がなく、5万円チャージしていればその金額全てがなくなります。

残念ながら、日本では財布を落としてもお金が戻ってくることはなくて友人が財布を落とした際には、現金が全て抜き取られていて、SUICAも抜き取られていた状態でしたので、5万円ほどチャージをしてしまっていた場合、それを全てなくすことになります。

それを考えると、SUICAはうっかり落としてしまうこともありますので、5万円や1万円等のお金をチャージする等は止めておいたほうがよく、それを考えると日常的に買い物で使うのではなくて、電車通勤メインで使う程度で現金とは分けて考えましょう。

基本、東京ではクレジットカードがあれば、SUICAは電車の利用時にしか使いませんが、クレジットカードがない人や持てない人であれば、SUICA一枚あれば、大抵はそれだけで買い物と移動ができますから、東京に引っ越したらまっさきに作りましょう。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年3月12日 — 2:11 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme