Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

地方から東京に引っ越す人で車幅190㎝以上の車は要注意

地方から東京に引っ越しをする場合、色々と注意することはありますけど、車を所有しているのであれば特に注意しておかないといけないのが、車の車幅が190㎝を超えている場合、何処に行っても都内は駐車場の確保に困るって事情を知っておくと便利です。

自宅マンションの駐車場でも、六本木ヒルズレジデンス等の超高級物件であれば、平置きの駐車場が必ず用意されていますので、毎月10万円前後の駐車場費用を用意できるのであれば、何も駐車場には困らないのですが、普通の人には大変難しい話です。

一般的なタワーマンションの場合、立体型の駐車場が普通なのですけど、これが車幅が190㎝以下に設定されていることが殆どになり、後は重さや車高の高さ等にも制限があるので、ランドクルーザー200とかポルシェカイエン等は物理的に駐車出来ません。

スポンサードリンク




 

 

地方から東京に引っ越す人で車幅190㎝以上の車は要注意。

 

立地条件にもよりますが、特に中央区等では、都内のタワーマンションでも駐車場が不足している状況になっていることも多くて、普通の車幅が185㎝以下の国産車でも保管場所に困ることがあるくらいなのですが、車幅が190㎝以上の車は本当に困ります。

ですから、東京に引っ越しをする予定がある人で車幅が190㎝以上の車、フェラーリとかランボルギーニ、ランドクルーザー200等、色々とありますけど、それらの車を東京に持っていく場合、保管場所が確保できるかが需要になるのを知らない人も多いです。

引越し先を探す場合、予算が無制限に出せる人であれば、駐車場についてはお金で全てを解決できますので、特に問題はありませんが、予算的に制限がある人の場合は引越し先やその付近で駐車場が確保できるかどうかを事前に確認しておかないといけません。

スポンサードリンク




 

 

車を売却して引っ越しをするか実家に持って帰るのも一つの方法。

 

都内では一般的な駐車場の費用が毎月3万円から6万円位は必要になってきますので、仮に国産のファミリアとかフィット等の車を所有していてもそれなりの駐車場代が必要になってきますので、もし車が必要ないのであれば、一旦手放すのも一つの方法です。

また、よくあるのが東京に転勤などで引っ越しをする場合など、永住的に東京で生活をするのではなくて、数年間単位で東京で生活をする予定の場合でしたら、一旦車は実家に持って帰るという選択肢もありますので、そちらも検討してみるのがお薦めですね。

車幅が190㎝の車になると、特に車幅が200㎝になるランドクルーザー200でしたら、地方ではお持ちの方も多いのですが東京では何処に行っても駐車場に困ることが多くて、遠方へのアウトドアが主体で利用する人以外は、かなり不便な管理方法になります。

 

 

東京では車があれば便利ですが使わなくなる人も結構多いのが現状。

 

実際に東京では車があれば地方よりもそれは便利で快適な生活を過ごすことが出来るのですが、別に車がなくても公共の交通機関が極度に発達しているため、電車やバスを使えば何処にでも容易に移動ができる環境になっているので、車は必須とは言えません。

地方でしたら車がないと病院に行くのも大変だとか、買い物に行くのも大変って状態になるくらいの過疎的な地域も多いので、車は必須になることが殆なんですけど、東京の場合は別に車があれば快適になるのは間違いなくてもそれで、困ることはありません。

ですから、車幅が190㎝を超える車の場合、相当な富裕層の人でしたら高級で車幅200㎝の車にも対応した駐車場が全部屋に完備されている高級マンションを選択できるので問題はありませんが、一般的な人の場合は、かなり苦戦するので覚えておきましょう。

車幅190㎝を超える車は困ることが多い?


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年5月10日 — 3:54 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme