Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京に就職する新卒の家賃は1万円?寮付き待遇がお勧め

新卒で東京に就職をする場合、地方の人なら東京の相場とか新卒の人がどのような状態で働いているかを知らないことが多く、損をしている人が多いので知っておいてほしいんですが、東京で新卒で就職をする場合、会社が寮や社宅を用意してる会社がお勧め。

寮や社宅がない場合でも、常識がある企業なら住宅手当を手厚く設定している場合もありますので、例えば新卒で地方から就職をする場合、東京の高額になる家賃相場に合わせて住宅手当を5万円位に設定して支給するのが当たり前だと思ったほうが良いです。

地方の会社に就職をする場合、住宅手当とか寮、家賃補助等もないことも少なく、地方だと実家から通勤する人が多いとか、物価も安いので特に補助が必要ないって感覚なのかもしれませんが、東京は家賃が本当に高いので、優秀な人材確保の為に企業も必死。

スポンサードリンク




 

 

東京に就職する新卒の家賃は1万円?寮付き待遇がお勧め。

 

それで、私の友人などが大学を卒業して、東京の会社に就職することになった時の話なんですが、大抵が住宅手当が5万円位あるとか、会社の寮や社宅があり、そこに住めば毎月1万円で東京に住める等、地方で働くよりもお得で新卒として働ける訳ですね。

また、東京都言っても相当広いですから、港区や品川区、中央区等の都心のど真ん中から、奥多摩などの東京の奥地など幅広いのですが、優良企業の場合は東京のど真ん中に社員寮や社宅を用意して、徒歩で通勤できる位の環境でとても快適に生活ができます。

更には電気代や水道代等も無料や固定になっていることも多く、友人は東京の会社に就職をして、毎月1万円で水道代も電気代も無料なので、いつもエアコンをガンガンに付けて生活をしていましたし、住宅維持にかかる費用が本当に安いので喜んでました。

スポンサードリンク




 

 

東京で寮も社宅もなく住宅手当すらない会社ならどうすれば?

 

正直、東京会社に就職をするのに、住宅に関する福利厚生が全く用意されていない時点で、その会社は儲かっていないか、ブラック企業の可能性がありますので、正直言って就職活動に失敗してしまった可能性がありますから、即退職をした方が無難ですね。

その理由ですが、儲かっている会社と言うのは、税金の支払金額も大きくなる都合上、損金扱いで節税が出来て、社員に対する還元率もより大きくなる、社員への福利厚生をしない理由がまったくないので、儲かっていない会社か社員に還元する気がない会社。

結論から言えば、そうなりますから、就職活動に失敗してしまったと早めに確認をして、もっと条件が良い会社に転職をするのが基本なんですけど、新入社員の時にはそれが出来ないと勘違いしている人も多く、なかなか辞めれない人が多いのが日本人です。

 

 

儲かっていて経営者に常識があれば必ず住宅補助が用意される。

 

本当は就職が内定する前に住宅補助や福利厚生のことを知っておいたほうが良いのですが、新卒の場合は、年収だけを注目する人が圧倒的に多いですし、そもそも福利厚生や税金のことも知らない人が多いですから、学生時代に勉強しておいた方が良いですね。

学生時代は就職をするための勉強や、試験勉強だけをする人が殆どで、世の中の仕組みや税金のこと、ブラック企業の経営者の思考や、頭の良い人はより良い条件の会社を選び、東京のど真ん中で生活をしても自分で殆ど家賃を払って居ないことを知りません。

仮にそれを知るのは自分が企業を間違えてしまってブラック企業に就職をしてしまった後で、その時にはもう精神的にやんでしまって鬱になり取り返しにつかない状態になり退場をして実家に帰った友人も沢山いましたから、勉強以外も学んだ方が良いですね。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年12月6日 — 3:27 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme