Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京では一方通行が意外に多いので要注意|初心者はナビで安心

東京といえば、日本の首都ですから巨大なビルやタワーマンションだらけと言った印象がある地方の方が多いのかもしれませんが、実際にはそうではありません。

確かに、都心は巨大なビルやタワーマンションだらけの印象がありますが、そんな巨大な建造物だらけなら、都内全体がドバイや香港のような風景になっているはずですし、狭いといわれている土地もそれなりに余裕があります。

東京都内でも、一歩外に出れば、古い感じの下町のような住宅街が沢山あり、道路も狭くて分かりにくい、地方のような構造になっている地域もありますので、徒歩の際にはそれほど気がつかないのですが、車で移動する際には注意が必要であると言えます。

スポンサードリンク




普段は徒歩でしか移動しないとか、東京に旅行に来て徒歩で土地勘がある人でも、それが来るまでの移動になると、全く話が変わってきますのでそちらには注意が必要であると言えます。

 

実は東京には一方通行が大変多い地域があるので要注意。

 

現在であれば、スマートフォンとかタブレットをお持ちの方も多くなっていますから、もしもの際はそれを使ってカーナビのように使えますので、それほどでもないのですが、かつてはそのような便利なものはありませんでした。

その為、最新のカーナビがない車の場合は、標識だけを見ながら運転をする必要があり、広い幹線道路などでしたらそれでも良いのですけど、狭くて入り組んだ下町のような場所に行く最には本当に苦労したものです。

スポンサードリンク




 

その中でも、最も苦労するのは、まさかの一方通行であり、誤ってそちらに侵入した場合は道路交通法違反になりますし、万が一にも事故を起こした場合は、他の人に多大なる迷惑をかけてしまいます。

目的の場所に移動する為には、一方通行が多発するような道路を通過しないといけな異様な場所は、その近辺の道路の構造自体が分かりにくいものになっていることもよくありますし、交通量も多いのでゆっくりと運転などできないのです。

それで、一方通行を避けながら迷いに迷って目的地に着くのは良いのですが、そこでくつろいでいたら日が落ちてしまって、真っ暗の中で車を運転するとなると、土地勘のない場所で一方通行が沢山ある道路を運転することになります。

 

カーナビは目的地のルートだけではなくて一方通行も表示するので重要。

 

このような状態を防ぐ為には、最新のカーナビがあれば簡単に防げるのですが、古いカーナビとか、カーナビそのものがない場合は、最初土地勘がない最には本当に苦労するものです。

スマートフォン、タブレットをお持ちの方は、最新のカーナビアプリを事前にインストールしておくと便利です。

埼玉県などでも、一方通行が沢山ある地域や、道路が三角形状態になっている地域も沢山ありますから、初心者の方が都内を運転する最には、道が分かれば良いのではなくて、一方通行にも注意して運転しないと、予期せに自体に巻き込まれる恐れもあります。

都内の運転には土地勘に慣れていない人程、十分ご注意ください。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年9月17日 — 8:12 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme