東京都内よりも埼玉県の方が道路渋滞が酷い理由

地方から東京に引っ越しをされる方であれば、東京都内はどうしても家賃が高い為、意図的に埼玉県を選んで、新しいご自宅を用意する方も多いのではないでしょうか?

埼玉県の場合は他の千葉県、神奈川県よりも都内へのアクセスが結構充実していて、距離も近くて移動速度も速い為、結構、埼玉県を選ぶ方が多いのです。

また、千葉県はともかく、神奈川県は東京都内と家賃や駐車場のコストが殆ど変わらないといった割高な地域が多い為、物価が安い埼玉県を選ぶのは節約重視の方でしたら当然の判断でしょう。

スポンサードリンク




 

埼玉県から東京都内へのアクセスは快適なので混雑は凄い。

 

ただし、埼玉県と東京を結ぶ電車の埼京線は、痴漢の発生率が世界一と言われている電車になりますから、女性の方で利用を検討している場合は特に注意が必要です。

京浜東北線の場合は、混雑度はかなりのものですけど、痴漢の発生率は埼京線と比較するとかなり低いものがありますから、混雑さえ我慢すれば、埼京線を利用するよりかは安心してご利用できると思います。

 

埼玉県の生活道路の渋滞は東京都内を超える混雑度です。

 

東京都内と聞けば、道路がいつも大渋滞をしているようなイメージがあるかもしれませんが、実は埼玉県の方が渋滞が酷くて、車で移動をする際には注意が必要になります。

得にJR川口駅など東京との県境の主要な駅になると、駅周辺が大渋滞をする時間帯というものがあり、その時間帯に駅周辺を運転した場合、想像を超える時間がかかってしまいます。

スポンサードリンク




埼玉県というのは、東京都を超える渋滞が発生している地域である事を覚えておくと便利ですが、車を利用されない方はこちらは問題はない話ですから、埼京線の痴漢だけ注意しておくと良いですね。

 

埼玉県の道路が東京都内の道路よりも渋滞が酷い理由について。

 

実際に埼玉県の道路を運転してみると分かりますが、その殆どの道路が片側一車線の道路になっていて、大宮バイバスのように片側2車線、3車線の道路が殆どありません。

東京都内では、道路はかなり整備されているため片側2車線が普通であり、浅草などの裏道にけば一車線しかない一方通行道路もありますが、殆どの道路が日本でも珍しく広めに作られています。

その為、車の走行している数は東京も埼玉もそれほど変わらないのに、埼玉県の道路は車線が少ない為、すぐにキャパシティを超えてしまうから、慢性的な渋滞が発生してしまうのです。

地方の道路でもそうですが、片側一車線の道路を運転していて右折をしようとするとその場で必ず一時停止してから、反対車線の車が通過するのを待つしかありません。

その間は、後続車は先に進めないので、ずっと渋滞が発生することになるのです。

これが、埼玉県の主要な駅を中心に至るところで同時かつ連鎖的に発生する為、埼玉県の道をいつも渋滞をしている訳ですが、渋滞する時間は必ず決まっていますので、その時間をさせて運転をすれば、特に渋滞なくスムーズに移動することができます。

ただし、埼玉県の道路は信号が異常に多い為、少し進むと停止の繰り返しになりますから、しばらく運転に慣れるまでは事故を起こさないように安全運転をしないといけません。


スポンサードリンク






Updated: 2015年10月8日 — 6:31 午前