東京一人暮らし|ストレスの癒しと幻想アクアリウム

東京で一人暮らしをしていると、通勤時のストレスや会社でのストレスなどが溜まってしまい、それを発散する方法が無い為、精神的に病んでしまって、結局地元の田舎に戻ってしまう人もそれなりにいます。

田舎で育った人は、日本人限定の話になるのですけど、礼儀正しいとか、控えめな性格の人が結構いますので、東京のある意味図太い社会に馴染めない人も多く、その結果思ったように仕事ができなくて評価もされないこともよくあります。

そのような人は各自の趣味に見合ったストレス発散、癒しを求めることになる訳ですが、一部の人に圧倒的に人気な癒し効果があるものといえば、アクアリウムになるのではないでしょうか?

スポンサードリンク




 

ところで、アクアリウムとは何でしょうか?

 

知らない人が聞けば、アクアリウムって一体何ですか?、と言った話になる訳なのですが、横文字だから特に難しい話ではなくて、単純に室内に水槽を設置して、ミニ水族館のような環境を構築することを一般的にアクアリウムと言います。

早い話が、水槽を設置して、その中で魚を飼育したり、エビを飼育したり、水草をデザイン重視でレイアウトしたり、人それぞれの趣味でアクアリウムを室内で行う訳なのです。

 

病院などの人が多く集まり待ち時間が発生する場所で効果的。

スポンサードリンク




 

こちらのアクアリウムと言うのは、単に水槽の中に水草があり、その中を魚が泳いでいるだけなのですけど、これが意外と癒し効果が大変高い傾向にあり、その結果として、病院などの待合室や人が常に待ち状態になる場所にはよく水槽が置かれています。

人間、待ち状態で何もすることが無い状態というのは、本当にイライラして収まりがつかないことが多いですし、そんな人が病院の待合室に何人も集まってくると、どのようなトラブルが発生するかも分かりません。

そこで登場するのは、水族館ほどは大きく無いけど、ある程度大きな水槽であり、その中で泳いでいる魚を眺めていたり、水草を眺めていると、待ち時間の際のイライラが自然と解消される不思議があります。

 

東京では水槽の設置でストレス解消が結構お手頃?

 

ですから、ご自宅に水槽を設置して、アクアリウムを用意していれば、室内でイライラしているときにもその水槽を眺めているだけで、癒し効果がありますし、結果的にストレスか解放されることになります。

東京の場合、地方から出てきた人でしたら、狭いワンルームのマンションで生活をしてることが殆どでしょうから、その狭い部屋もストレスの要因になっているのかもしれません。

そのような状況を解決したいときは、可能な範囲の大きさの水槽を室内に一つ設置しておくだけで、イライラして室内にいる際のストレス解消に繋がりますから、余裕があれば癒し効果を求めて水槽の設置をするのもお手軽ですしありだと言えます。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年9月1日 — 3:40 PM