東京はポストに投函されるチラシが酷いので知っておく

これから、地方から東京に引っ越しを検討している人には知っておいてほしいのですが、地方の実家で生活をしていると田舎であれば悪質な風俗とかカルト宗教、インチキセミナーとか詐欺まがいのチラシがポストに投函されることは殆どありません。

また、不動産とか宅配ピザ、宅配の寿司とかハンバーガーとか、これらのチラシが毎日のようにポストに投函されることもないのですが、東京は違っていて、殆どの立地条件で大量のチラシがポストに投函されることが多くて、それを見て驚く人が大半です。

これらのチラシについては、本当に見境なくポストに投函してくる都合上、本来の郵便物を押しのけて必要のないチラシを投函してくる悪質な業者も多くて、明細がなくなっていたりクシャクシャになっていた・・・ってこともありますので相当頭にきますね。

スポンサードリンク




 

東京はポストに投函されるチラシが酷いので知っておく。

 

東京に引っ越してから、本当に驚くのは見境なくポストに大量に投函されるチラシなのですが、あまりに酷いのでチラシを投函するなってビラをポストに貼っていると、それを当たり前のように破りしててチラシを投函してくるほど悪質な輩も本当に多いです。

チラシもカルト宗教とか風俗とか、家族がいれば見せれないようなチラシも多いですし大手のピザとかハンバーガー、寿司のデリバリーのチラシも見境なくポストに投函されますので、それが我慢できないって人は、最初から対策がされた物件がお勧めです。

東京にはこの類の迷惑チラシが全くポストに投函されない物件というのが実は沢山あって、それの殆どが分譲賃貸マンションになっていてるか、もしくは高級賃貸マンションになるのですが、チラシ投函の対策としてエントランスに警備員を配置しています。

スポンサードリンク




 

 

東京で引越し先を確認するときには警備員の有無を確認する。

 

地方に住んでいる人なら殆ど気が付かないのですが、この東京特有の迷惑チラシの投函問題は東京のマンションに住んでいる間、殆ど永遠に続くことになりますし、実家に規制したり海外に旅行に行っていて戻ってきたら、ポストが溢れていることもあります。

この場合の対策方法としてはマンションの内覧をする際に必ず、警備員かそれに近い防災センターの管理者がエントランスを監視しているか?を見ておいたほうがよくて、警備員がエントランスにいる場合、まずポストにチラシが投函されることはありません。

警備員は分譲賃貸マンションや高級賃貸などでは当たり前のようにエントランスで警戒していることが多いのですが、最近では一般向けのマンションでも警備員がエントランス付近を警戒している物件が増えてきているので、その場合はチラシ問題は皆無です。

 

 

東京では迷惑チラシの投函が凄まじいので引っ越し前に確認。

 

地方から東京に引っ越しをする場合、駅に近いとかどれだけ立地条件が良いかを注目している人も多いのですが、それよりも重要になるのが、やはりポストに投函される迷惑チラシの不快さになる人もいると思いますから、それについての事前確認も必須です。

大抵は、不動産業者とかUR賃貸とかの物件を管理している人に聞けば、迷惑チラシについて教えてくれますし、ポスト付近にゴミ箱が大量に設置されていて、その中にチラシを捨てる仕組みになっている適当な物件もありますので、そのあたりでも判断です。

また、物件の迷惑チラシを確認することにより、その物件がどれくらい管理されているのかを確認することもできますので、迷惑チラシが大量に投函されているのを放置しているようなマンションでは、トラブルが発生してもまともな対応はしてくれません。

そのあたりを判断するためにも、引っ越し前の内覧時には案外見ない人が多い、ポストやその周辺を確認することが重要になりますので、東京に引っ越しをするのであれば、ポスト周辺を確認して、迷惑チラシの投函状況について、必ず確認をしておきます。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年6月15日 — 3:43 PM