Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京でハゼ釣りを楽しもう|江戸川放水路でもお台場でもOK

東京で新しく生活を始める事になった人でしたら、ぜひとも始めて欲しい週末の楽しみ方がりまして、それは銀座のショッピング、六本木などの刺激的な場所での食事でもなく、江戸前のハゼを釣って楽しむ事になるのではないでしょうか?

釣りに全く興味がない人でも、これまで釣をやった事がない人でも、誰でも簡単に釣れる魚がハゼですし、まさかこんな都会で食用に適した魚が沢山釣れるとは?といった感じで、不思議な感覚になるかもしれません。

ハゼのポイントは食用の魚として大変美味しくて有用なのに、魚屋とかスーパーでは殆ど売られていない為、必要であれば自分で捕獲するしかないといった面白い事情があります。

スポンサードリンク




近代的なビルばかりで、東京の川とか海の水も汚染されていて、魚なんか殆どいないといったイメージがある海やその近辺の河川になるのですが、実はハゼでしたら、東京湾の海岸沿いにひっそりと沢山生息しているのです。

食材がその辺の海や川にゴロゴロしている訳ですから、これを見逃さない手はありません。

本当に信じられなくらいハゼは沢山いますから、東京湾内の防波堤などの海岸沿いでしたら、移動も楽ですし簡単に沢山釣る事ができる為、沢山の人が釣竿をたらしてハゼを釣っています。

東京の河川とか海のあたりに面した道路を車で走ると、不自然なくらい釣り人が沢山いて何かを釣っているのを目にする事が多いのですが、そういった人たちは大抵ハゼを狙って釣っている事が多いようです。

 

大物ではない小物であっても、ハゼは釣って食べて飲んでを楽しめる魚。

 

大物は釣れないけど、小物の王様であるハゼなら日本全国どのような場所と比較しても沢山釣れるといった不思議な状況になっているくらい、江戸前のハゼは有名な魚なのです。

そんなハゼを釣ろうと思ったら、どこに行っても大抵は釣れるのですが、大量に釣りたい場合は、東京でハゼ釣りをしている人なら知らない人はいないと言われている「江戸川放水路」になります。

江戸川を挟んで東京と千葉の県境になっている場所であり、都心からも車で移動するのが比較的楽な場所なのですけど、実際に車で行ってみると大変分かりにくい場所にある為、初めての人であればカーナビが無いとたどり着くのも大変な場所です。

しかし、江戸川放水路でしたら、ある程度の経験があって条件が合えば、1日100匹以上釣り上げる事も可能ですし、本気で釣り上げようと思ったら1000匹以上のハゼでも釣る事が可能なくらいメジャーな釣り場です。

ただ、どうしても場所が都心から離れて千葉県との境まで行く必要があり、移動に車がないと不便な事もありますし、ハゼ釣りの為にわざわざそこまで行きたくない人の場合は、あまりお勧め出来ません。

正直言って、ハゼがいくら沢山釣れるといっても、1日100匹単位で釣り上げて自宅に持ち帰っても、処理に困る事になるのは分かりきっています。

スポンサードリンク




たくさん釣れれば、何でもかんでも良いというものではありません。

 

江戸川放水路のハゼ釣りは沢山釣れるけど釣過ぎもよくない?

 

ハゼを捌いて調理する人やそれを食べる人の事を考えると、20匹くらいの成果があれば、天ぷらにしたりダシ取りようにしたり出来ますから、それくらい釣れれば十分くらいの成果になります。

ですから、江戸川放水路がハゼの釣り場として大変有名であり、ハゼ自体が仕掛けとエサさえ間違っていなければ誰でも沢山釣れます。

ハゼが大量に釣れる場所であることも分かっているのですが、よほど大量のハゼを食材として必要としている人以外は江戸川放水路にわざわざ行く必要もありません。

近辺も何もない場所ですし、レンタルボートなどもありますが、それならもっと都心にあり、ハゼ釣りをした後には買い物や食事もできて、ついでに温泉にも入れる場所の方がいい人もいるかと思います。

そんな最近のカジュアル的な感覚でハゼ釣りをしたい人は、お台場に行けば、普通に沢山のハゼを釣ることができます。

 

お台場のハゼ釣りは基本穴釣りなので楽しくない人も多いかも?

 

ただ、お台場でハゼを釣ってる人は、大抵朝早くから穴釣りと呼ばれる釣方でハゼを釣っている人が多い為、釣を楽しむというよりかは、極めて短時間でより多くのハゼを捕獲することが目的の人が多いと言った感じでしょうか?

正直言って、いくら簡単にハゼが釣れるといっても、穴釣というのは、専用の小さな竿の先端をハゼがいそうな穴に突っ込んで行き、そこにハゼがいればエサに食いついていく仕掛けですから、釣り人は竿の先端を見ながら移動してハゼを釣歩くことになります。

これでは、のんびり釣竿を出して糸を垂らして釣を楽しんでいるというよりかは、漁師のようにハゼを釣歩いているようなものですから、リラックスした釣をしているとは言いがたいものがあります。

 

お台場はダボハゼの溜まり場所なので、穴釣り以外はマハゼは釣れない?

 

お台場でも別に江戸川放水路のように釣り糸を垂らしてハゼを釣ることもできるのですが、釣れるのはマハゼではなくて、ダボハゼばかりしか釣れないこともありますから、どのような目的でハゼを釣りたいのかが重要になってくることになります。

場所はちょっと遠くて不便であっても、釣竿を出しているだけで簡単にハゼが釣れる江戸川放水路なのか、穴釣でなければダボハゼばかりが釣れるお台場なのか、色々と模索しても良いかもしれませんね。

ちなみに、羽田空港近辺の海沿いの橋や道路からは、普通にドボンでハゼが簡単に釣れる場所がありますので、移動手段が調達できる方は、都内を色々と回ってみるのも良いかもしれませんね。

羽田空港近辺は、夜間になると沢山人が特定の場所で釣をしているのですが、車を無断駐車している人が多く、警察の摘発も頻繁に行われていますので、ご注意ください。


車を高く売る方法

スポンサードリンク






Updated: 2015年6月29日 — 8:26 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme