Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

OKストアのカキフライが348円に値上げされてショック

最近、OKストアって激安スーパーのことを知ってから、イオンとかマルエツではなくて、OKストアを積極的に利用していることが多いのですけど、その理由としては店舗は小さくて品揃えもいまいちなんですが、価格が総合的に極端に安いのが理由です。

OKストアは鮮魚だけは品揃えがいまいちですが、その他はそれなりに充実しており、需要が高い食材などはキチンと揃えていますし、価格が本当に他のイオンとかマルエツなどよりも圧倒的に安くなっていますから、外税ですけど、お得感がある訳ですね。

その中でも惣菜デリカコーナーは本当に充実していて、目玉商品のカツ丼は298円って異常なやすさになっていますし、30cm位の巨大な焼きたてのピザも500円位で売られていますので、これを知ってしまうと宅配ピザを注文することも無くなる感じですね。

スポンサードリンク




 

 

OKストアのカキフライが348円に値上げされてショック。

 

それで、最近はOKストアの惣菜の中でカキフライが298円で売られていたので、結構頻繁に購入していたのですが、最近突然348円に値上げされていたので、ちょっと流石にこの価格になると悩んでしまうくらいの値上げですから、ちょっとショックです。

カキフライは自分で牡蠣を購入して作ると手間暇とコストがかかってしまって、一人分くらいの分量だとかなりの割高になってしまいますから、正直、カキフライは惣菜として完成品を購入したほうがお手軽ってのがあるのですが、どこも398円以上します。

その中で298円で、他のスーパーよりも味が良い?って感じる大粒6個入りのカキフライを販売しているOKストアでよくカキフライを購入していたんですけど、突然の348円の値上げになったので、150円位のジャンボチキンカツを購入してしまいます。

スポンサードリンク




 

 

文化堂のカキフライなら12個入りで398円で購入できます。

 

基本的に、カキフライって何処のスーパーでも扱われていることが殆どなので、カキフライだけで良ければ別にOKストアでなくても良いですし、文化堂に行けば、12個入りのしそ巻仕様のカキフライが398円で売られていますし、閉店前なら30%オフです。

イオンとかマルエツでもカキフライは定番ですから、行けば398円から500円位で購入することが可能なのですが、定価で大粒6個入りで298円のOKストアのカキフライはかなり良かったので、出来れば348円の値上げ価格をもとに戻して頂きたい所ですね。

とりあえず、外税なので348円でもイオンの内税398円のカキフライのほうがオトクな感じもしますけど、OKストアでは大型のジャンボチキンカツが150円位で購入できますから、予算が厳しくてそれなりの揚げ物が欲しかったらOKストアに行けばOKです。

 

 

カキフライは手間暇がかるので鍋にしたほうが良いですね。

 

食用の生牡蠣も大抵のスーパーに行けば売られていて加熱専用と生食用の牡蠣が普通に売られていますけど、どちらを買ってもカキフライを時前で作ると、手間暇がかかることやコストが掛かることから、生牡蠣を買った場合は殆ど鍋にすることが多いです。

そろそろ、牡蠣鍋がおいしくなる時期ですので、スーパーでも牡蠣が大量に鮮魚コーナーで売られる時期ですが、牡蠣鍋の作り方は本当に簡単で、ダシや豆腐、ネギやえのきなどと一緒に牡蠣を鍋に放り込んで、お湯で沸かすだけなので簡単に作れます。

ただ、牡蠣鍋を食べたい場合でしたら、月島の岸田屋さんに行けば、この時期は牡蠣鍋が売られていますし、牛モツの煮込みや肉豆腐等も一緒に食べれますので、牡蠣鍋を食べたくなったら岸田屋さんがおすすめですが、普段はスーパーのカキフライがお手頃。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年10月29日 — 11:13 AM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme