室内に車を保管できるマンションは東京にある?

東京には色々なマンションが沢山ありますが、自分の部屋の中に車を保管できるマンションは基本的にありませんしネットで自分の部屋にフェラーリやランボルギーニ等を保管できるタワーマンションを見た人が興味津々になるんですが、それは海外物件です。

これ、シンガポールの有名なタワーマンションなんですけど、駐車場に行けば、自分の部屋まで移動できる車専用のエレベーターがあって、タワーマンションなんですけど、自分の部屋の前まで車を移動させれるので、室内から好きなだけ車を鑑賞出来ます。

日本でこの類のタワーマンションがまったくない理由は、技術的な理由ではなく、法律の問題で出来ない訳ですから、今後も東京都内にシンガポールにあるような、タワーマンションが建設される事はありませんので、シンガポールに移住するのがお勧めです。

スポンサードリンク




 

 

室内に車を保管できるマンションは東京にある?

 

日本は世界でも厳密に建物の建設に関しての法律が規制されているので、海外のように奇抜なタワーマンションは建設されることはなく、屋上に巨大なプールがあったり、ガソリンが満載された車をエレベーターで自室内に移動させるような物件はありません。

つい最近、フィリピンかタイあたりで、大きな地震があって、タワーマンションの屋上にある巨大なプールから大量の水が飛散る事故がありましたが、地震大国の日本でそのような構造のタワーマンションがあれば、大惨事になりかねませんので先ず無理です。

ただ、代官山付近にあるラ・トゥール代官山という、超高級物件であれば、室内とガレージがガラス張りでつながっている低層マンションがありますので、2台までの車幅200cmクラスの大きな車を室内ガレージに保管できますから、クルマ好きなお勧め。

スポンサードリンク




 

 

ラ・トゥール代官山は家賃が高すぎて普通の人には無理?

 

ラ・トゥール代官山ですが、都内でも屈指の超高級賃貸マンションになっていて、一番高い部屋のお家賃は500万円をこえていますし、安い部屋でも100万円前後という、完全に富裕層向けの賃貸マンションですから、普通の人では絶対に借りれません。

ガラス張りのガレージと部屋がセットになった物件ですが、全て1階部分の一番低層階の部屋になっていて、ラ・トゥール代官山は駐車場が地下になるので、そこからそのまま自分の部屋と直結しているガレージまで車に乗って移動ができるというスグレモノ。

しかしながら、このタイプの物件の家賃は毎月180万円クラスですから、六本木ヒルズレジデンスCのデザイナーズメゾネットの部屋(確かフォレストってタイプのやつ)と同じくらいの家賃設定になっているので、完全にクルマ好きな人向けの間取りです。

 

 

シンガポールも家賃は相当高いのですが車は更に高額です。

 

正直、シンガポールでは日本と比較して車にかかる費用が桁違いなので、シンガポールで車を所有している人は相当な富裕層になりますし、お金に糸目はつけないって人でないと、シンガポールで最新のタワーマンションには住めないので、全てがお金です。

東京でも同様ですが、ラ・トゥール代官山は本当に家賃が高く、普通の人では一ヶ月の家賃すら支払えない位の金額ですが、日本は車にかかる費用がシンガポールと比較すると格安で、車両本体も半額以下で購入できるので、クルマ好きならラ・トゥールです。

本当に車がすきで、リビングなどの室内から自分の愛車を常に見たい場合、室内で車のメンテナンスがしたいのであれば、ラ・トゥール代官山は理想に叶う物件が多数用意されていますから、興味があれば一度内覧をしてみて、お金を稼いでがんばりましょう。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年6月17日 — 4:57 PM