東京は暑すぎる?スポーツジムのプールなら浮き輪OK

日本の夏場は猛暑と呼ばれる状態になることが殆どで、気温は35度をこえて40度前後になることもあり、この時期になるとプールが一斉にオープンをしていて、都内でもプールにいけば沢山の人が集まっていますが、プールは塩素の匂いが結構きついです。

これについては、仕方がないのでプールで泳ぐ場合は、塩素の匂いについてはなれるしか無いのですが、東京は大きな河川や海が近辺にたくさんあるにも関わらず、遊泳に適していないですし、遊泳禁止に指定されている場所が殆どなので、勝手に泳げません。

ただ、夏場になるとお台場に行けば、結構泳いでいる人もいるんですが、基本的に膝より上が海水に浸かった状態は駄目ですし、お世辞にも綺麗な海とは言えないこと、他の人の迷惑になるので、暑くて泳ぎたいと思った場合は、プールに行くのがお勧めです。

スポンサードリンク




 

 

東京は暑すぎる?スポーツジムのプールなら浮き輪OK

 

基本的に東京湾は、トライアスロン大会等でもない限り、全面遊泳禁止ですし、夏場は大量のプランクトンが発生していて、赤潮状態で凄い匂いがしますし、大腸菌等の問題もありますから、泳げるような要素が無いのですが、ハイな人は普通に泳いでいます。

荒川や江戸川など、大きな川があっても泳ぐことが出来ない、海があってお台場には人工の砂浜があるのに泳ぐことが出来ないのですが、東京都以内にはプールが想像以上に沢山ありますので夏場はプールに行けば暑さを凌げるのですが、結構規制があります。

有明にも区が運営している大きなプールがありますが、少しでも走っていると怒られますし、規則に沿って泳がないといけませんし、浮き輪などを浮かべてぶらぶら浮かんだりも出来ませんので、その場合は、スポーツジムのプールが自由度が高いのお勧め。

 

 

東京都内のスポーツジムのプールは結構お金かかってます。

 

都内のプールも色々と利用して見たんですが、個人的に一番良かったのが、ジェクサー・フィットネスクラブってJRだったかな?、が運営しているスポーツジムのプールで、大型プール、小型プール、ジャグジー、好き勝手に使えるプールがありました。

スポンサードリンク




大型プールでは監視員がいて泳ぐ方向が決められており、浮き輪などの持ち込みも禁止ですが、スキューバダイビングのレッスンが受けられたり、更には好き勝手使えるプールの場合、用意されている浮き輪を持ち込んで、そこでリラックスをしたり出来ます。

ジェクサー・フィットネスクラブでは、定期的にアクアビクスなどもやっていて、その際には好き勝手出来るプールは使えないんですが、空いている時間なら、常識の範囲なら何をやっても良いって感じで、いつも浮き輪を浮かべて、その上で寝てました。

 

 

水遊びをしたい場合は高知県に行くのが結構おすすめ。

 

正直、ジェクサー・フィットネスクラブのプールで適当に浮かんで遊んでいても、一応人工の波を作る装置があって、それで擬似的な海の波は体験できるんですが、いまいち臨場感がないので、夏場に水遊びをしたい場合、高知県に行くのが結構お勧めです。

その理由としては、四万十川等、泳げる大きな河川があること、自然が豊富なこと、綺麗な沖縄みたいな砂浜と青い海がある場所があり、そこで泳ぐと本当に気持ちが良かったので、以前は頻繁に遊びに行っていましたが、確か、おおき?って名前だったはず。

残念ながら、高知県のそのとても綺麗な砂浜は本来は遊泳禁止なのですが、実際にはかなりの人が海水浴に来ていて、サーファー等も多く、海が大荒れになるお盆前までなら、浅瀬で擬似的に沖縄の海っぽいのを体験できるので、行ってみるのが良いです。

最近は、高知県のおおき?って砂浜にも行ってないのですが、本当に空気が綺麗で、東京から遊びに来ている人たちも多く、四万十川等でも多くの人が水遊びをしていますが、東京の感覚だと水死してしまう人もいますから、ライフジャケットは必須です。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2019年8月2日 — 2:30 PM