東京湾の海の色が赤色に?オリンピックは無理でしょ

本来なら来月の6月から、東京オリンピックが開催される予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響で、一年間の延期が決定して、現在は、東京オリンピックの会場予定だったお台場海浜公園等は完全に封鎖されたまま放置されている状態になってます。

お台場には東京オリンピックの五輪マークの巨大なオブジェクトが建設されていて、レインボーブリッジからもみることが出来るのですが、5月から9月くらいに掛けて、東京湾は海の色が真っ赤な赤色になることが多く、今年も既に海の色は赤色ですね。

東京湾の海の色が赤色、もしくは黄色っぽい茶色になる原因ですが、大量のプランクトンが異常発生して、それでいわゆる、赤潮って状態になっているんですが、東京湾にはプランクトンが大量発生する、リンが下水道から大量に海に流されているからですね。

スポンサードリンク




 

 

東京湾の海の色が赤色に?オリンピックは無理でしょ。

 

東京には1000万人を超える人口が居て、大量の下水道をつかっているのですが、日本の下水処理能力は高く、相当なトイレなどの汚い排水を綺麗に浄化して、河川に流して処理をしているので、公害が発生したり、伝染病が発生する状態にはなりません。

イタイイタイ病とか、水俣病とか、そういった工業排水や汚水等で環境に悪影響を及ぼさないように下水処理をした水を川に流すのはよいのですけど、水温とリンだけはどうにも出来ないらしく、高水温の下水を多摩川に流すせいで熱帯魚が繁殖をするとか?

リンも下水処理では完全な除去が出来ないらしく、大量のリンが東京湾に流れると、外洋から隔離されている東京湾内に大量のリンが海中に流れて、日本の夏場の高水温の状態になると、プランクトンが大量に発生する状況になるのがいつもの風物詩です。

スポンサードリンク




 

 

こんな赤色の海でオリンピック競技をするのは理解不能。

 

友人とも東京湾の海の色をみて、こんな汚い海でオリンピック競技を開催するのは信じられないし、赤潮で匂いもひどいですし、見た目も風の谷のナウシカの腐海みたいな感じですから、お台場海浜公園で観戦している観客も、暑さと匂いでヤラれそうです。

結局、東京オリンピックの開催は延期されてしまった訳ですが、新型コロナウイルスに関しては、一年後に全世界が無事に収まっている保証もなく、延期をする事により6000億円以上の税金を更に投入する必要があるらしいので、中止にして欲しいです。

他の競技は知りませんけど、東京湾内で競技をする種目の選手の気持ちになれば、こんな汚い赤く染まった海で、命がけで競技をしないといけない選手の事を考えると、新型コロナウイルスでオリンピックはこのまま中止にしたほうが選手の為にも良さそう?

 

 

東京湾は海中の大腸菌の数も桁違いに多いらしい。

 

東京の下水処理は高い水準で構築されているので、かつての日本や海外のように、そのまま下水や汚水を直接に、川や海に垂れ流しの状況にはならないので、きちんと下水処理された汚水を川に流しているので、処理できないリン以外は問題はありません。

ただ、夢の島マリーナを利用している人ならご存じだと思いますが、大雨の際には近くの下水処理場から大量の汚水が処理されない状態で大量に海に流されているので、とにかく汚いと言うか、見た目も匂いも良くないのですが、船舶なども基本垂れ流しです。

他にも色々と要因があるのかもしれませんが、東京湾は大腸菌が異常に多いってのは有名な話で水温が上昇する5月からはプランクトンが大量発生して、海が赤色になって赤潮の大発生・・、こんな環境で無理やりオリンピックを開始する程利権が美味しい?

東京オリンピックを開催するにしても、水に係る競技は千葉県とか神奈川県とか、外洋に面している、海がそれなりに綺麗で大腸菌が少ない地域を選ぶのが選手や地元のためだと思うんですけど、何が何でも東京都内でヤラないと利権にならないのでしょうね。


スポンサードリンク






Updated: 2020年5月29日 — 2:48 午後