東京管理釣り場|目の前の大きくて釣れない魚を簡単に釣る方法

東京で大きくてファイトが楽しめる魚で、それを釣った後に自宅に持ち帰って食べる事ができる魚をその辺で釣ろうと思った場合、江戸川などでうなぎを釣るくらいしか選択肢がありません・・・。

うなぎに関して言えば、蒲焼でも有名ですけど、河川で釣れる魚としてはその味が大変美味ですからこれがたくさん釣れれば良いのでしょうけど、調理をするのが難しい為、釣った後の調理はそれなりの腕が必要になります。

また、うなぎは基本的には生きた餌で釣る魚であり、フライやルアーで釣る魚ではありませんから、やはり釣りの対象魚として大人気のニジマスとかトラウト、イワナなどの淡水魚としては引きが強くて比較的味も良い魚が人気になってしまいます。

スポンサードリンク




 

管理釣り場で泳いでいる大きなニジマスたちは全然釣れない・・・。

 

奥多摩などの河川を改造している管理釣り場の場合、そこで釣り人が釣りをする直前位に養殖しているニジマスなどを管理釣り場の河川に放流する為、その後は容易に釣り上げる事が可能になっています。

しかし、人工池の中に放流されているニジマスなどになると、大きな30cmを超える個体が沢山目の前を泳いでいる為、簡単にそれらが釣れると思って竿を振っても、何時間経過しても1匹も釣れない事も普通にあります。

その原因は、あまりに多くの人たちが狭い人工池でルアーやフライを朝から晩まで行うため、人工池の中で泳いでいるニジマスたちがスレてしまって、容易にはルアーに食いつかなくなってしまっている為です。

実際に、慣れていない人が釣り道具一式を揃えて管理釣り場に行くと、目の前に大きな魚が沢山泳いでいるので、これを全部釣ったら持って帰るのが大変だな・・・といった気持ちで釣りを始めるのですが、結果は1匹も釣れない事もザラなのです。

何で釣れないのか分からないけど、とにかく眼と鼻の先にいる手で掴めそうな大きなニジマスを何とかして釣って持ち帰りたい場合は、何か良い方法はないのでしょうか?

 

何故、目の前にいる大きな魚たちが全く釣れないの?

 

釣れない魚を釣るにはどうしたら良いのか?、その答えはルアーそのものにあります。

もともと、フィッシュイーターと呼ばれているニジマスなどの小さな魚を餌として捕食している魚というのは、小魚の群れの中でおかしな泳ぎ方をしている個体を接触的に狙う習性があります。

スポンサードリンク




それを利用したのが、疑似餌のルアーであり、水の中で変なモーションを行ったり、泡や音を出したりして、あたかもおかしな行動をしている魚と錯覚させてニジマスなどがそれに飛びつくといった仕組みになります。

管理釣り場のニジマスなどは、このルアーの動きや音に慣れ過ぎてしまっていて、逆にそれが普通になってしまっている訳ですから、同じようなルアーを投げ込んで同じように釣り上げようとしても、釣れないのは当然といえば当然なのです。

この場合は、逆にその他のルアーとは異なる動きや音を出せば、スレまくってしまっている目の前のニジマスなども興味を示すということになる訳ですから、早い話が他の人と異なることをやれば良いということになります。

とても単純な話なのですが、普通の小魚とは異なる動きや音を出して、ニジマスなどの関心を引き食いつかせるルアーに慣れ過ぎてしまったニジマスたちに、それまでとは異なるものを見せれば良いだけという話です。

 

管理釣り場の目の前の釣れない大きな魚を簡単に釣る方法

 

これまで沢山の人がそこの人工池の管理釣り場でルアーを使って基本に忠実な釣りを行っている訳ですから、その人たちと同じような釣りをしていても、スレまくってしまっているニジマスたちが食いつくことは殆どありません。

その場合に、スレてしまっているニジマスを簡単に釣る方法としては、遠方にルアーを投げて引き上げるのではなくて、足元にドボンでルアーを落とし、メバルやカサゴをルアーで釣るようなアクションを取れば、これが意外にすぐに食いついてくる事があります。

足元ドボンで、竿の先をチョンチョンと動かしながら、あとは目の前にいるニジマスなどを見ながらルアーを近くに持っていくだけで、いきなり食いついてきますから、あとはそのまま釣り上げるだけでOKです。

この方法を使うと、遠方に投げて遠くにいるニジマスを巻き上げながらファイトを楽しむスタイルは取れなくなるのですが、確実に釣り上げる方法としては大変有効で、実際に東京の管理釣り場で30cmから50cmくらいのニジマス、トラウト、イトウ、などを沢山釣り上げましたから、慣れてくると簡単に釣る事ができるようになります。

是非是非、チャレンジしてみてください。


◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2016年3月9日 — 2:31 AM