Live MiMi

東京一人暮らしポケットマニュアル

東京で自宅で仕事をするならSOHO対応マンション?

東京では在宅で仕事をしている人たちも多く、東京で働く際の最大のストレスの要因である、満員電車通勤をしなくても自宅で全てが完結する都合上、全てマイペースで仕事とプライベートが両立できることから、東京は在宅勤務をする人には最高の環境です。

ここで発生する疑問としては、在宅勤務をするなら今ならネットを使ってどこでもできるわけですから、家賃が高い東京を選ぶ必要ないとか、海外に移住すれば良いとか、パーマネントトラベラーとして、世界を移動しながら働けば良いといった話ですね。

基本的に、在宅勤務と言っても色々と職種によって働く内容が変わってきますし、高額な税金の問題を考えると海外に移住したほうが良い人もいるでしょうけど、東京の場合は打ち合わせとか日常の生活のことを考えると、地方よりもメリットが有る訳ですね。

スポンサードリンク




 

 

東京で自宅で仕事をするならSOHO対応マンション?

 

東京は家賃が高いとか駐車場代が高いとか、生活費が高いとかって言われてますけど、それは全てを自己負担しないといけない会社員とかOLさんの場合であり、自分で事業をする場合、家賃や駐車場代を経費で落とすのが常識なので、特に心配は無用です。

後ですね、在宅で仕事をする場合、東京の家賃は高いので経費の節約ができるくらいの環境でなければ、正直独立して自宅で働くメリットがありませんので、東京の家賃が高いって思っている自営業者とか法人経営者なら、事業を畳んだほうがよいかもですね。

そういった会社員やOLさんと、自宅で仕事をする人では売上と経費、税金対策と言った要素が関わってくるので、最初から自宅勤務の人を対象にしたSOHOマンションという物件が最近増えてきていて大電力にも対応したブレーカー装備なので快適なのです。

スポンサードリンク




 

 

SOHO住宅はパソコンやサーバー使い放題なので安心です。

 

都内のタワーマンションでもSOHO専用のフロアが用意されていたりしていますが、SOHO対応の住宅はブレーカーが強力になっていて、サーバとかパソコンを大量に可動させて、毎月の電気代が10万円を超えるような人でも安心できる容量があります。

これって、人によっては全く意味がないメリットなんですけど、パソコンやサーバを大量に同時可動させていると、普通のマンションのブレーカーでは落ちてしまう事が多く、管理会社とか電力会社から引っ越して下さいって督促も来ないので安心ですね。

まあ、それでもブレーカーの容量には厳戒がありますので、同時に大量のサーバを24時間可動させて、かつエアコンもガンガンにかける仕事をしている場合、SOHO住宅の電力供給の限界を超えてしまいますので、最初からオフィスビルを契約するとお勧め。

 

 

自宅勤務ならSOHO対応マンションで空き物件を探してみましょう。

 

別にSOHO住宅でなくても、東京ならタワーマンションに部屋を借りて底を仕事場にしたら、防音効果も高くてセキュリティ面、24時間ゴミ出しができる点など、特に困ることはありませんが、完全に自宅件事務所として扱うならSOHO住宅がお勧めです。

一見して、SOHO住宅など無いだろうと思われるタワーズ台場等のツインタワーマンションでも、SOHO専用の部屋が多数用意されていて、天井が高いメゾネット仕様になっていたり、1階にOKストアもテナントに入ったので本当に便利になっています。

電力の余裕があるってのは、最近の仮想通貨のマイニングを本気でやっている人とか、後以外ですけど、24時間空調管理を行って水槽でアロワナの繁殖をさせている人など、色々とメリットが有り、確定申告の際も按分が税務署に提示しやすい感じですね。

ラ・トゥール新宿とか、ラ・トゥール渋谷等は最上階に凄い広い1LDKの事実上のSOHO住宅が用意されていますので、パーティーを主体にやりたいとか、室内で展示ルームなどを用意したい人、まあ、東京には地方にはない仕事で使える物件が多いです。


ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」

◆最新の賃貸物件盛りだくさん!東京23区マンションをお探しならココ◆

スポンサードリンク






Updated: 2018年11月22日 — 3:32 PM
Live MiMi © 2015 Frontier Theme